ページの先頭です。

2012/10/11 09:07

[週刊BCN 2012年10月08日付 Vol.1451 掲載]

解説

優秀人材のUターンを機に事業改革を実現 東北ITベンダーが息を吹き返すチャンス

 東日本大震災の発生から1年半。地震と津波によって大きな被害を受けた宮城県仙台市では、震災をきっかけとして、「生まれ故郷で力を発揮したい」と考えて、東京からUターンで戻ってくる人が増えている。彼らのなかには、首都圏の有力ITベンダーで経験を積んだ技術者をはじめとするエキスパートも多いので、仙台はこのところ、優秀なIT人材を採用することができるエリアとして注目を浴びている。

 仙台市内に本社を置くセキュリティベンダーであるトライポッドワークスの佐々木賢一社長は、「この1年で、東京から戻ってきた技術者を5~6人採用した。彼らがもつネットワーク関連の深い知識やITサービス開発の経験を生かして、商材のクラウド化に取り組んでいる」と状況を語る。東京で専門スキルを磨いてきた人材を採ることができたからこそ、新規ビジネスの拡大を図ることができるというわけだ。
 震災をきっかけに東北へ戻り、知識を活用することができる仕事を求める人材が増えていることは、地場のITベンダーにとって大きなチャンスにつながる。東北のITベンダーは、ソフトウェア受託開発の需要が日増しに減っている状況にあって、ニーズが高まっているクラウドコンピューティングを活用する新しい事業を立ち上げることを喫緊の課題としている。しかし、主にプログラミング言語を得意とする従来の技術体制では市場の変化に十分に対応できず、事業の再編が進まないという企業は多いだろう。こうしたなかで、東北ITベンダーには、これまで地元で働くことに魅力を感じていなかったすぐれたIT技術者が意識を変えてUターンする動きを、ビジネス変革を実現するための絶好の機会と捉えてほしい。
 生まれ故郷に戻るIT技術者は、東京にいた頃と同じように、サービス開発に携わるなど、クリエイティブな仕事ができることを就職先を選ぶうえでのポイントとしている。「昔のビジネスモデルに執着する受託開発事業者では経験を生かすことができないので、働きたくない」と考える人が多く、ITベンダーは彼らを獲得するために、新規ビジネスに積極的に取り組む必要がある。IT技術者のUターンは、人材を採るために自社を変革することと、それによって獲得することができた人材を活用して事業を伸ばすという二つの意味で、東北ITベンダーに刺激を与える可能性をもつことになる。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)