ページの先頭です。

2012/10/11 09:23

[週刊BCN 2012年10月08日付 Vol.1451 掲載]

解説

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>東北歴史博物館 バックアップの確認作業を効率化 浮いた時間を震災後の文化財レスキューに活用

 宮城県多賀城市の東北歴史博物館(今泉隆雄館長)は、2011年6月、情報システムの全面刷新をきっかけとして、データバックアップをテープからハードディスクを使用するRDXに変更し、アクロニス・ジャパンのバックアップ製品「Acronis Backup & Recovery Server for Windows」と「Acronis Backup & Recovery Server for Linux」を導入した。不具合が頻発していたテープをRDXに置き換えることによって、管理する資料のバックアップを強化した。

東北歴史博物館
会社概要:宮城県を中心とする東北地方の歴史に関する調査研究や展示企画、資料の保存や管理を行っている。1999年、宮城県多賀城市にオープン。1974年に開館した東北歴史資料館を前身としている。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月27日付 vol.1634
[限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

2016年06月27日付 vol.1634 [限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)