ページの先頭です。

2012/11/08 09:08

[週刊BCN 2012年11月05日付 Vol.1455 掲載]

解説

アシスト 安価なERICOM製品で新たな商流を構築 クライアント仮想化の拡大を狙う

 アシストは、イスラエルのベンチャーでソフトメーカーのERICOMと総販売代理店契約を締結し、2012年6月からERICOM製クライアント仮想化ソフトの販売網を構築して、ビジネスの拡大を本格化している。今年10月の時点で販社が約15社に達し、ユーザー企業を開拓する体制を整えた。クライアント仮想化ソフトですでにシトリックス・システムズ・ジャパンの販売代理店となっている同社が、さらにERICOMの製品を扱うことを決断したのは、販売網を構築することでクライアント仮想化ソフトのすそ野を広げる販路を確立するためだ。

岡田昌徳担当部長  アシストは、クライアント仮想化ソフトの分野でシトリックスの販売パートナー制度「CSA(シトリックス・ソリューション・アドバイザー)」に参加している。シトリックスのクライアント仮想化ソフトで獲得したユーザー企業は450社。岡田昌徳・システムソフトウェア事業部技術2部担当部長は、「市場が伸びている割にはビジネスが拡大していない」と認識している。原因は、シトリックスの製品が高価格なため、思うようにユーザー企業が増えないことにある。ユーザー企業を増やすには、低価格で提供するしかない。しかし、「利益率が低くなるのなら、ビジネスとしてのうまみがない」との判断で、低価格での提供を避けていた。その結果、「獲得したユーザー企業の2倍以上の案件を逃したはず」と、少なくとも900社のユーザー企業の獲得に失敗したとみる。

 そこで、一昨年12月から、低価格でしかも利益を確保できるクライアント仮想化ソフトを開発するメーカーを調査し、ERICOMというベンチャー企業を探しあてた。ERICOMは、他の仮想化ソフトメーカーと異なり、サーバー仮想化ソフトを開発せずに、クライアント仮想化ソフトの開発に特化することで他社製品の3分の1程度という低価格を実現している。低価格を武器にして、「ユーザー企業のすそ野を広げることができると確信した」(岡田担当部長)という。都合がいいことに、クライアント仮想化ソフトに特化しているので、他社のサーバー仮想化ソフトとの互換性が高い製品になっている。現在、国内では全社でクライアント仮想化環境を構築しているユーザー企業は少なく、「他社の仮想化環境を構築しているユーザー企業に対しても提案できる」と、勝算がありそうだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)