ページの先頭です。

2012/11/22 09:24

[週刊BCN 2012年11月19日付 Vol.1457 掲載]

解説

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>「共生型」のタレントマネジメントを実践 進展するグローバル化に対応

 三菱化学、田辺三菱製薬、三菱樹脂、三菱レイヨンという四つの事業会社の純粋持株会社である三菱ケミカルホールディングス(三菱ケミカルHD、小林喜光社長)。海外売上比率が全売上高のおよそ3分の1を占める。グローバルレベルでのタレントマネジメントの実践を目指して、ワークスアプリケーションズが開発・販売する「COMPANY グローバル人事」を採用した。急速に進展するグローバル化に対応し、競争力をさらに高めようとしている。

ユーザー企業:三菱ケミカルホールディングス
2005年10月、三菱化学と三菱ウェルファーマ(現・田辺三菱製薬)の共同持株会社として設立。2008年4月に事業統合に伴い三菱樹脂が誕生、2010年4月に三菱レイヨンが傘下となった。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)