ページの先頭です。

2012/11/29 09:08

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

解説

タレントマネジメントの将来像 先行する米国の動きに注目 統合スイートかベスト・オブ・ブリードか

 ここ2、3年でタレントマネジメントシステムに注目が集まるようになってきた。外資系ITベンダーは買収を繰り返しながら勢力を拡大し、日本市場に進出。一方で、日本国内のITベンダーもタレントマネジメントシステムの開発強化に乗り出しており、競争が激化しそうな気配だ。今後の方向性を占ううえで、無視できないのが米国の最新動向である。

 雇用形態の多様化やグローバル化の進展などに伴い、タレントマネジメントに注目が集まるようになった。多くの先進的な日本企業が、国内外のITベンダーが開発・販売するタレントマネジメントシステムを導入している。
 需要の拡大を受けてとくに伸び盛りなのが、米国に本社を置くサクセスファクターズジャパンだ。2009年に日本市場に参入し、ユーザー企業は外資系企業140社、日本企業は60社に達する。実績では劣るものの、国内勢も販売が好調だ。サイエンティアは80社以上の納入実績をもつ。専業以外では、ワークスアプリケーションズやスーパーストリーム、富士通マーケティングといった有力ERP(統合基幹業務システム)ベンダーも、人事管理システムにタレントマネジメント機能を付加して販売に乗り出している。
 調査会社のガートナー ジャパンが毎年発表しているテクノロジのハイプ・サイクル(新技術の社会への適用度)によれば、今年、タレントマネジメントはモバイル・コンピューティングと並んで「過度な期待」のピーク時に位置する。製品コンセプトの異なる国内外のタレントマネジメントシステムが入り乱れ、やや混沌とした状況だ。そこで、今後の日本市場の方向性を考えるうえで、先進市場の米国に注目したい。タレントマネジメントという概念が欧米から入ってきて、市場を席巻しているからである。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)