ページの先頭です。

2012/11/29 09:11

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

解説

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第7回 今、クラウドに果敢に挑む時

 輸出金額に対して輸入はその100倍──。2000年にIT業界団体が公表したソフトウェアプロダクトの輸出入比率だ。現在の数値を表す信頼できるデータは見当たらない。極端な構成比率だが、今も大きな変化はないだろう。日本市場にこだわるピー・シー・エー(PCA)社長の水谷学だが、かつて、海外進出を果敢に挑戦したことがある。だから、海外進出をまったく検討していないわけではない。しかし、当時のトラウマが水谷を国内に向かわせている。(取材・文/谷畑良胤)

 PCAは、2000年、ITの利活用が急激に進み、経済発展も著しいマレーシアに進出した。英国製で多言語多通貨の機能をもつERP(統合基幹業務システム)のOEM供給を受け、一部機能を追加した「PCAワールドモデル」という製品名で売り出した。
 この開発には、水谷自身が責任者として携わった。「ユーロ圏の3通貨換算の問題があって、英国の製品を使った」。このモデルの日本語化も行って、マレーシアに現地法人を置く日系企業などに販売した。しかし、現地の安価な会計製品に惨敗してしまった。「売れる地域を見極めてマレーシアを選択したが、地場を知り尽くすベンダーには勝てなかった」(水谷)と、この時の悔しさが国内で外資の進出を許さない、頑なな方針へと向かわせた。
 「PCAワールドモデル」は、わずか6年で撤退。ただ、「多言語にはいつでも対応できる」と水谷がいうように、必要があれば海外へ踏み出せるわけで、ムダな投資ではなかったようだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)