ページの先頭です。

2012/11/29 09:25

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

解説

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>「Pilina WiMAX」の採用でコストを削減 レンタル事業の強化につなげる

 セントラル警備保障(CSP、鎌田伸一郎社長)は、法人向け監視カメラシステム「ポンカメシリーズ」で、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)が提供する高速モバイル通信サービス「Pilina WiMAX」の固定IPサービスを採用した。2012年10月9日から、ユーザー企業向けにサービスを提供している。「ポンカメ」の利用料金を大幅に引き下げて事業を拡大。今後は、「Pilina WiMAX」を使った新事業も模索する。

ユーザー企業:セントラル警備保障
1966年3月10日に創業。常駐警備や機械警備、輸送警備などの警備事業に加え、監視カメラや情報セキュリティシステムの開発・販売も手がける。売上規模350億円強と、警備業界でトップ3以内に入る。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)