ページの先頭です。

2013/01/17 09:12

[週刊BCN 2013年01月14日付 Vol.1464 掲載]

解説

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第13回 海外をにらんで国内で市場づくり

 第一勧業銀行(現みずほ銀行)に在籍していた当時、「バブル崩壊」を目の当たりにし、今はメール配信システム大手、エイジアの社長を務める美濃和男。バブルが崩壊した時、米国に比べて落ち込みが激しい日本経済を自分なりに検証した。彼が出した結論は、「ITベンチャーの勢いの差」。当時の米国では、ITベンチャーがベンチャーキャピタル(VC)の投資を受けて急速に成長し、一気に巨大化した。ソフトウェアの開発力は日本が上。だが、資金力とアイデアを生み出す頭脳に遅れをとっている。(取材・文/谷畑良胤)

 第一勧銀を退職した美濃は、日本証券業協会が行っている非上場企業の株式を売買する「グリーンシート」関連の証券会社の設立に加わった。「銀行の融資システムは限界にきている」。そう感じた美濃が思案の末にたどり着いたビジネスモデルだった。だが、思惑通りに株式が売れない。そこで、市場を活性化する目的で、競合となる同種の証券会社を二人で立ち上げた。この会社をわずか2年で退職し、グリーンシート(のちにマザーズに上場)の営業先であったエイジアに入社することとなった。
 ベンチャー企業が日本で育ちにくい状況をみてきた。立ち上がったベンチャー企業が長もちしない日本経済の問題点もみえてきた。といって外資系に負けたくない。そんな美濃だからこそ、エイジアでは、資金調達で足下を固めることに重点を置いた。その次に勝つための手段は何か──。年商7億円強のITベンチャーとしての「勝利の方程式」を模索し始めたのだ。
 エイジアの社長就任時に「10年以内に、年商100億円にする」と宣言したことは前号で触れた通りだ。その内訳を聞くと、「3分の1は海外で売り上げる」と美濃は断言した。実際、主力製品のメール配信システム「WEB CAS」シリーズは、日本語や中国語(簡体字/繁体字)に加え、英語、スペイン語、タイ語の多言語に対応済みだ。現在、EC(電子商取引)サイトが頻繁に立ち上がる中国やタイ、ベトナムなど東アジアを中心に海外顧客を増やしている。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)