ページの先頭です。

2013/02/28 09:14

[週刊BCN 2013年02月25日付 Vol.1470 掲載]

解説

<グローバルを目指すITベンダー 成功への道>第19回 DTS(上) ASEANでの足場固め、第一歩はタイで

 大手SIerのDTSは、ASEAN地域で初めての拠点を今年3月、タイ・バンコクに開設する。米・ニューヨークと中国・上海に続く3番目の海外拠点で、「ASEAN市場進出に向けた足場固めの第一歩」(西田公一社長)となる。まずは、日系の製造業や流通・サービス業をターゲットとした営業拠点の役割を担わせる。DTSのグローバル事業は中国と北米が中心だが、中国と並んでアジアの経済成長のエンジン役を担うASEANでのビジネス拡大も狙う。

 ASEAN地域では、タイやベトナム、シンガポール、フィリピンなどがDTSの進出先の候補に挙がっている模様で、今回はタイ拠点設立を決めた。西田社長は、「ソフト開発拠点としてのベトナムを有力視している」とする一方で、シンガポールでは主に金融機関をターゲットとした、タイ同様の営業・ITサービス提供拠点として機能させることを想定している。それぞれの特色を明確にすることで効率化して、収益の向上を図る。

 DTSは2007年の上海法人設立を機に海外事業を本格的に立ち上げており、ニューヨーク法人は2011年に開設。今後もカバー領域を増やしていく方針だ。(安藤章司) ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





外部リンク

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)