ページの先頭です。

2013/03/21 09:11

[週刊BCN 2013年03月18日付 Vol.1473 掲載]

解説

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第22回 “敵”は減った。でも潮目は変わる

 会計ソフトウェアの人材輩出企業──。“ホリエモン”が率いるライブドアに買収されるなど、離合集散を繰り返してきた弥生。同社からは、有能な人材が競合他社へ散った。ライブドアが投資ファンドに売却したあと、二代目社長に就任した野村総合研究所(NRI)出身の岡本浩一郎は、早々に改革を打ち出した。それは、事業領域の拡大ではなく「原点回帰」。既存製品を強くして、ターゲットを中小・零細企業に絞る。改革から5年。家電量販店市場での“敵”は減ってきた。(取材・文/谷畑良胤)

 「競合がいない」。弥生社長の岡本は、店頭市場の現状を語る。実際は、ソリマチなどが競合に準ずる。量販店の実売データを集計して年間のNo.1を決める「BCN AWARD」では、業務ソフト部門で14年連続、ソリマチより後発の申告ソフト部門でも、9年連続で受賞。首位を不動にし、圧倒的シェアで差は開く一方だ。しかし、岡本は言う。「今のところは平穏な状況だ。しかし、危機感を抱いている。潮目が変わることもあり得る」。

 社長就任当時、岡本の口から出てくる言葉に、「Quick Books」という製品名が頻繁に登場していた。弥生の前身、米インテュイットが欧米で販売する会計ソフトだ。「経理の知識がなくても簡単に会計処理できる」がうたい文句。岡本は、「次の弥生」を探る時、この製品をベンチマークしたようだ。岡本は「(社長就任の)最初の3年間は、量販店の店頭を戦場とする日々の戦いに没頭した。今、そのフェーズは終えた」。この戦いと並行し、テクノロジーへと傾注していく。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)