ページの先頭です。

2013/03/28 09:14

[週刊BCN 2013年03月25日付 Vol.1474 掲載]

解説

<グローバルを目指すITベンダー 成功への道>第23回 日立システムズ(下) 主要SIer2社でアジア全域をカバー

 日立システムズと日立ソリューションズの日立グループ主要SIer2社のアジアビジネスにおける方向性の違いが明確になってきた。日立システムズは、今回のマレーシア有力ITベンダー・サンウェイテクノロジーとの合弁会社設立によって、シンガポールやタイ、インドネシア、フィリピンなどASEANを中心に拠点を一気に増やすとともに、インドにはすでに拠点を構えている。一方の日立ソリューションズは、日立システムズより一足早い2011年10月に中国法人を北京に設立。その後、上海、広州、嘉興(浙江省)など、中国で矢継ぎ早に拠点網を拡大してきた。

 日立ソリューションズはASEAN方面には拠点を展開しておらず、もっぱら日立システムズがリードしていく模様だ。アジアにおける拠点展開は、日立ソリューションズが東アジア地域、日立システムズが東南アジアから南アジア方面にかけてカバーすることになる。日立システムズは中国に直属の現地法人はつくらないものの、日立グループや地場有力SIerなどとの協業をベースに中国ビジネスを推進するなど、日立ソリューションズとは異なるアプローチで取り組む。
 日立グループ主要SIer2社は、幾度もの再編を経ながら「協調体制」を強化してきており、アジア成長市場に向けたビジネスでも拠点展開をするエリアを意識的に分けるなど、役割分担を明確に打ち出した格好だ。また、エリアだけでなく、両社のそれぞれ強みとするIT商材も異なることから、今後は相互の得意分野をアジア全域でどう連携させて、ビジネスを伸ばしていくかが問われることになる。(安藤章司)...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)