ページの先頭です。

2013/04/11 09:08

[週刊BCN 2013年04月08日付 Vol.1476 掲載]

解説

NECの新たなSMB向けビジネスモデル クラウドサービスをパートナー経由で販売 互恵関係を構築して主導権を握る

 NEC(遠藤信博社長)は、SMB市場向けクラウド型ビジネスプレイス「N-town」のサービスを5月から提供する。同社が掲げる成功のカギは「パートナー連携」。5年後をめどに、1万社の顧客獲得と、年間売上高250億円(NECとしての売上高はその約50%)を目指すが、基本的には直販を行わず、パートナー販売だけでこの目標を達成するという。単価が安いクラウドビジネスは、パートナー販売ではうまくいかないことが多い。しかしNECは、従来の強力な販売チャネル網を巻き込んで新しいビジネスモデルをつくろうとしている。

 NECが新たに提供を開始するサービス「N-town」は、従来のSaaSサービス「EXPLANNER for SaaS」や他社の類似サービスを研究して、従来型クラウドビジネスの課題を抽出したうえで、その解決策を提示すべく、「満を持して」始める事業だ。基幹業務系アプリケーションのほか、経営レポート、サプライチェーン管理、営業支援などのメニューを揃え、個別の利用はもちろん、それらをシームレスに連携させることもできる。この「サービス、アプリケーションの連携」が、従来のサービスに欠けていた部分だったという。

 さらには、アライアンスパートナーの日本能率協会コンサルティングなどによるコンサルティングサービスや、ビジネスマッチングの場なども提供する。中小企業の経営そのものを総合的に支援するというコンセプトで開発した、まさに「ワンストップサービス」だ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)