ページの先頭です。

2013/04/11 09:11

[週刊BCN 2013年04月08日付 Vol.1476 掲載]

解説

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第25回 日本から出なくてもアプリは海を渡る

 ASP・SaaSクラウド・コンソーシアム(ASPIC)が、優秀サービスを表彰する「ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード(現ASP・SaaSクラウドアワード)」は、ソフトウェアベンチャーが脚光を浴びる権威ある賞だ。ネオレックスは、2007年と2008年に「バックオフィスアプリケーション分野グランプリ」を獲得。この時、現在成功を収めているコクヨS&Tの文書配信サービス「@Tovas」なども表彰された。顔ぶれを見ると、今は収束した事業もある。ネオレックスは、この賞を完全に味方にして事業を伸ばした。(取材・文/谷畑良胤)

 ネオレックスがASPICのアワードでグランプリを受賞した07-08年当時は、「SaaS」という言葉が世に出て、IT産業を変革するサービスとして注目を集め始めた頃だ。仮に、この時期に事業が軌道に乗っていたとしても、後にクラウドの普及に伴うIT産業の変革に飲み込まれて、事業を継続できなかった可能性がある。現在、ASPIC理事を務めるネオレックス社長の駒井拓央は言う。「当社のサービスは、驚きがあるわけではないが、どの会社でも、きちんと使いこなせる」。

 同社主力の「バイバイ タイムカード」は、タイムカードや出勤簿、勤務表、Excelなどで行っていた勤怠管理や労務管理、勤務実績の集計を全自動で行う。肝はクラウド(SaaS・ASP型)で提供する勤怠管理システムということだ。従来は、フルスクラッチでソフト開発していた分野だ。小売店舗は個人商店やチェーン店など業態が異なり、シフト制が敷かれていたりして、勤務体系が複雑。したがって、パッケージでの対応は難しかった。ネオレックスはそこに目をつけた。「イージーオーダー型の開発を可能にするデータベース構造にした」のだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)