ページの先頭です。

2013/08/01 09:05

[週刊BCN 2013年07月29日付 Vol.1491 掲載]

解説

レノボ×NECのラピン新社長 「驚きの人事」の真相 周到に準備された人事戦略の実際

 6月28日付でレノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータ(NECPC)の社長に就任したロードリック・ラピン氏が、『週刊BCN』の取材に応じて、トップ交代の背景や新体制の狙い、今後のビジネス展開を明らかにした。社長の一本化は、パソコン市場の急激な変化によって、迅速に経営の意思決定ができる体制が必要と判断して、2012年10月にラピン氏とレノボ本社のヤン・ユワンチンCEOが話し合って決めたという。決して唐突な人事というわけではなく、およそ9か月間、水面下でトップ交代の準備を進めてきたというのが真相だ。ラピン新“総合”社長の下、タブレットを中心とする「PC+(ピーシープラス)」の事業展開に「アグレッシブに取り組み」(ラピン社長)、パソコンとの二本柱で、売り上げの拡大と収益の向上に動く。(ゼンフ ミシャ)

 ラピン氏は、レノボ・ジャパンとNECPCの二つの名刺を併用している。1年余りでレノボ・ジャパンの社長に復帰し、外国人社長として初めてNECPCのトップに就任した今回の人事について、「2011年に合弁会社を立ち上げた際に、ロードマップを定めたので、内部からみると決して驚きの人事ではない」と明かす。

 経営トップの一本化が決定したのは、昨年の10月だ。日本をはじめ、世界各国でパソコン市場が落ち込んで、タブレットの需要が急速に高まるなか、ラピン氏とレノボ本社のヤンCEOが会議でNECとレノボのパソコン連合の組織について議論を交わした。市場を取り巻く環境の激しい変化に迅速に対応するために、経営トップの一本化が不可欠と判断し、社長交代に踏み切る。渡辺朱美氏がレノボ・ジャパンの社長に就いてからわずか半年後、水面下で経営体制の再編に着手した。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)