ページの先頭です。

2013/09/05 09:14

[週刊BCN 2013年09月02日付 Vol.1495 掲載]

解説

<指令! 海外成長市場を獲得せよ──SIerは中国・ASEANをめざす>第21回 公共ユーザーからの受注が好調

 コアグループは、ここ2年ほど、日本での主力商材を中国市場へ売り込んできたが、いまだに軌道に乗ったとは言い難い。しかし、コア北京法人(北京コア)の今年度(2013年12月期)の売り上げは前年度に比べて2割ほど伸びる見込みだ。この好業績には、北京コアの長い社歴が深く関係している。

グループの強みをどう生かすかが課題

馬聡 総経理  北京コアの設立は1984年10月。今秋、設立30年目に入る同社は、日本のソフトウェア業界で最も早い時期に北京へ進出している。したがって、地場の企業や団体との交流は長く、関係も深い。今年度はとくに公共セグメントでの受注が業績を押し上げている。直近では、データベース評価システムや不動産管理システムなどを受注。公共向けのSIを日系SIerが受注するケースは珍しく、三十年来の地場ユーザーとの信頼関係なしには受注を獲得できたことの説明がつかない。

 昨年度は、対日オフショアソフト開発などの日本円ベースでの売り上げが全体の約7割を占めたが、今期は日本円と中国元の売上構成比が拮抗する見込み。北京での受注増で「中国元ベースの売り上げは増える傾向にある」(北京コアの馬聡総経理)と話す。だが、公共セグメントは、入札の結果次第で売り上げが大きく変わるリスクがあるだけでなく、日本本社が強みとして打ち出す分野とは乖離している。地場ユーザーとの信頼関係を大切にしつつ、コアグループとしての強みを今後どう生かすかが課題になるだろう。(安藤章司)...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)