ページの先頭です。

2013/10/03 09:13

[週刊BCN 2013年09月30日付 Vol.1499 掲載]

解説

<指令! 海外成長市場を獲得せよ──SIerは中国・ASEANをめざす>最終回 独自のクラウドサービスを展開 日系ユーザーを中心に根強い需要

 中国で独自のクラウドサービスを提供するITベンダーが増えている。クララオンラインが「鴻図雲」の名称で独自のクラウドサービスを今年8月から始めているほか、TISが「飛翔雲」を販売し、NECが中国大手SIer東軟集団と協業してサービスを展開。JBCCホールディングスも、IBMのi環境(旧AS/400)のクラウド版「JBクラウドサービス for IBM i」を中国で提供しており、「IBMユーザーを中心に受注が堅調に推移している」(JBグループ上海法人の森浩二総経理)と手応えを感じている

JBグループ 上海法人
森浩二 総経理  クラウドサービスそのものは、中国地場のベンダーが安くてよいものを数多く提供している。それでも外資系企業、とくに日系企業が好んで日系ITベンダーのサービスを使う背景には、やはり情報セキュリティに関する一抹の不安があることが大きい。また、中国の場合、海外と接続する通信回線が不安定で、いくら日本との物理的な距離が近いからといって、情報システムを国内に置いたまま、中国から遠隔で使うことは難しい。必然的に必要なシステムを中国で構築することになるわけだが、重要なシステムであればあるほど慎重にならざるを得ない。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)