ページの先頭です。

2013/10/17 09:24

[週刊BCN 2013年10月14日付 Vol.1501 掲載]

解説

<BCN REPORT>アシスト 「InfiniDB」でデータ分析を低コスト・高速に クラウドストレージとの連携も

 アシスト(大塚辰男社長)のデータウェアハウス(DWH)専用データベース(DB)ソフト「Calpont InfiniDB」の販売が順調だ。低コストで高速に大量のデータを分析できる製品として、現段階で大企業を中心に直販で15社が製品を導入した。今後は、ビッグデータ時代の基盤として位置づけるほか、クラウドストレージとの連携強化をアピールすることによって、販社が売りやすい環境を整備。年内にユーザー企業を10社増やす計画だ。(取材・文/佐相彰彦)

汎用的なサーバーでデータを分析

 「InfiniDB」は、「高速」で「シンプル」「スケーラブル」が大きな強みで、DWH専用アプライアンスが得意としていた大量データの分析を低コストで実現している。分析集計処理に適した列指向型アーキテクチャの採用で列ごとにデータを圧縮して格納。これによって大量データ処理のボトルネックだった物理I/Oを大幅に削減するほか、マルチスレッドアーキテクチャによってCPUリソースを有効活用して、これまでのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)では実現できなかった超高速なデータ抽出を可能にしている。

小野明洋 課長  また、高速化やデータの圧縮を自動的に行うので、システムのチューニングやメンテナンスにかかる時間の短縮や維持にかかるコストも大幅に減らすことができる。さらに、最小で1台のサーバーからスタートすることができ、サーバーやCPUやメモリの追加などにも対応しており、ユーザー企業が柔軟に拡張シナリオを描くことができることも売りにしている。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)