ページの先頭です。

2014/01/09 09:45

[週刊BCN 2014年01月06日付 Vol.1512 掲載]

解説

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>パッケージかスクラッチか 悩んだ末に選んだのはソフト開発の自動化

 ガス会社の千葉ガスは、次期基幹業務システムの開発で悩んでいた。従来と同様、パッケージソフトを活用するか、スクラッチでゼロからつくるか、どうにも一長一短がある。パッケージは要求仕様を満たすための手直しがやりづらく、手組みのスクラッチ開発は開発の自由度は高いが、手間とコストがかかりすぎる。そうこうしているうちに、あるITベンダーの営業マンが飛び込みで売り込みに来た。「プログラムをつくらなくていいんです」。千葉ガスに提案したのは、キヤノンソフトウェアの営業マンだった。

【今回の事例内容】

<導入機関> 千葉ガス
1968年設立。千葉県の成田市や佐倉市、八千代市、千葉市などで都市ガスやプロパンガスの供給、販売を手がけている。株主は東京ガス。社員数は218人
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)