ページの先頭です。

2014/04/03 09:06

[週刊BCN 2014年03月31日付 Vol.1524 掲載]

解説

経済産業省 ソフト開発の下請けにも消費税転嫁を

 経済産業省は、3月14日、最新の改訂版「情報サービス・ソフトウェア産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」を発表した。消費税が4月1日以降、8%に引き上げられることを受け、下請け取引にも新消費税率を適切に転嫁することを促す。

 日本の情報サービス産業は、多重下請け構造が常態化し、オフショア開発が増加している背景もあって、価格競争が激化している。経産省が行った業界団体や関連企業へのヒアリング、1500社へのアンケート調査によると、24%の企業が、新消費税がソフト開発の受発注価格に転嫁できるかどうか不安を感じているという。

 そこでガイドラインの改訂では、消費税率引き上げにあたって、法令違反となる取引の想定事例を列記した。例えば、4月以降、情報システムの運用業務委託の料金の総額を、消費税率引き上げ前の価格に消費税引き上げ分の金額を上乗せした額よりも低い価格に引き下げた場合は、消費税転嫁対策特別措置法の「買いたたき」に該当することになる。ガイドラインの詳細は、経産省外局の中小企業庁ホームページで公開されている。(本多和幸)...


続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)