ページの先頭です。

2014/07/24 09:06

[週刊BCN 2014年07月21日付 Vol.1539 掲載]

解説

内田洋行 大久保体制で描く成長ビジョン

 内田洋行は、7月21日付で大久保昇氏が新たに代表取締役社長に就任することを発表した。6年間社長を務めた柏原孝前社長は、代表取締役会長に就いた。大久保新社長は、専務執行役員の時代に公共関連事業の主軸である文教市場へのIT提案で大きな実績を上げ、内田洋行を文教市場のトップベンダーに押し上げた。今回の経営体制刷新は、文教分野を軸としたIT提案を成長のエンジンとする同社の方針を色濃く反映したものといえる。さらには、同じタイミングで東西のSI子会社も統合し、自社プロダクトの販売体制整備もひとまず完成。販路構築の面でも成長に向けた大きな一手を打った。(本多和幸)

文教を軸に情報システムに活路

●文教事業を確立した大久保社長

内田洋行...


続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)