ページの先頭です。

2015/01/22 09:06

[週刊BCN 2015年01月19日付 Vol.1563 掲載]

解説

外資ITの両雄 トップ体制を一新「私たち、“非技術系”に任せろ」

 大手の外資系ITベンダーの両雄、日本IBMと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、この1月、社長交代を実施し、“非技術系”の人材を経営トップに配置した。日本IBMのポール与那嶺社長は、日立コンサルティングの社長を務めるなど、コンサル分野で手腕を磨いてきた。そして、日本HPの吉田仁志社長は、前職がSAS Institute Japanの社長で、統計解析システムなどのデータ活用分野に身を置いていた。両社は、企業運営をコンサルやデータ活用(ソフト)に強い人に任せることによって、クラウドやビッグデータを「わかりやすく」提案し、ビジネス再編の本格化を図る。(ゼンフ ミシャ)

日本IBMの与那嶺社長
和洋折衷の元コンサルマン

日本IBM
ポール与那嶺...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)