ページの先頭です。

2015/09/17 09:06

[週刊BCN 2015年09月14日付 Vol.1595 掲載]

解説

インテック 次世代プラットフォームで“社会システム基盤”を狙う

 ITホールディングスグループのインテックは、次世代型「プラットフォーム」ビジネスの立ち上げに力を注いでいる。すでにヘルスケアや位置情報などの分野で、新規ビジネスの具体化が着々と進行中だ。ここでいう「プラットフォーム」とは、ある種の“社会システム基盤”であり、広く社会や産業で使われるサービスプラットフォームを指す。オープンで、エコシステムの形成を意識した設計を指向しており、従来型のインテック単体で提供するシステム構築(SI)のビジネスモデルと一線を画している。(安藤章司)

 インテックが取り組んでいる次世代型プラットフォームビジネスには、ヘルスケアや位置情報などが挙げられ、前者はデータベース化した健康情報を活用したサービス、後者は位置情報を収集し、分析する仕組みを丸ごとサービスとして提供するものだ。
 サービス型のビジネスは、これまでにも顧客のシステムをデータセンター(DC)に預かるといったアウトソーシングを手がけてきたが、これらの次世代型プラットフォームは、健康情報や位置情報をデータベース化したインテック独自の“社会システム基盤”の構築を狙ったもの。従来のアウトソーシングやSIビジネスとは、アプローチが大きく異なる。
 健康情報では、健康保険組合や事業所が保有している健康診断の情報をデータベース化し、これに従業員の日々の健康情報を付け加えることで、「データにもとづいた健康維持、職場の安全管理に役立てられる」(インテックでヘルスケアプラットフォームを推進する大谷民雄氏)と話す。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)