ページの先頭です。

2016/04/07 09:04

[週刊BCN 2016年04月04日付 Vol.1623 掲載]

解説

ワークスアプリケーションズ 中国の一流IT人材を大量採用 独自の採用制度・大学との関係構築を武器に

【上海発】中国に進出している日系IT企業の多くが、人材の安定した雇用に課題を抱えている。対日オフショア開発が隆盛だった時期と状況は変わり、日系IT企業に対する学生の人気は凋落。採用しづらくなったうえに離職率も高く、最近では「中国のインターネット企業への転職者が相次いでいる」との声も多い。そんななか、ワークスアプリケーションズ(牧野正幸社長)は、北京大学や清華大学など、中国の一流大学出身の優秀なIT人材の大量採用に成功している。2016年会計年度は新たに200人程度の中国新卒者が入社予定だ。同社のグローバル統一採用制度と、大学との関係構築が功を奏している。(上海支局 真鍋 武)

五十木 正
董事長  ワークスアプリケーションズ中国法人(ワークスチャイナ)の五十木正董事長は、「グローバル統一の採用制度が、優秀な人材の獲得に効いている」と語る。統一制度のため、社員はグローバルで賃金水準が同じ。初任給は600万円と、一般の日本企業と比べてもかなり高い。600万円は、元換算で約35万元に相当する。中国の大手人材会社、智聯招聘の調査によると、15年春の中国ITサービス業求職者の平均年間賃金は8万1216元。これと単純比較すると、ワークスアプリケーションズの新卒者賃金は平均の約4倍だ。当然、学生の就職意欲は高まるし、社員のモチベーション維持にもつながる。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)