ページの先頭です。

2016/08/04 09:13

[週刊BCN 2016年08月01日付 Vol.1639 掲載]

解説

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>生徒の学習状況をCRMで可視化 目標達成に向けた意欲の向上に役立てる

 英会話教室を運営するイーオンは、マイクロソフトの「Dynamics CRM」をベースに、生徒の学習状況の可視化を実現している。この6月には、生徒向けの「学習ポートフォリオ」を公開。生徒一人ひとりが学習状況や上達管理をネット上で確認できるよう機能を追加。教師と生徒の双方が学習状況をリアルタイムに把握できるようになったことで、学習意欲を高め、目標達成による満足度の向上につなげている。システム構築は日立ソリューションズが担当した。

【今回の事例内容】

<導入企業>イーオン
全国約250教室、およそ7万6000人の生徒を抱える英会話教室のイーオン。日本人の英語上達のためのオリジナル教材を開発し、国内外の教師による効果的なレッスンを実施。ビジネス英語や資格取得にも大きな成果を上げている
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)