ページの先頭です。

2017/02/02 09:04

[週刊BCN 2017年01月30日付 Vol.1663 掲載]

解説

エプソン(中国) 大容量インクモデルが好調 A3カラー機でビジネス市場開拓

【北京発】エプソン(中国)(小池清文董事長)のプリンタ事業が好調だ。同社は2016年第3四半期(7~9月)の中国インクジェットプリンタ市場で、初めて売上高・出荷台数シェアともに1位(IDC調べ)を獲得した。今後は、A3カラー機の販売に注力し、これまで手薄だったビジネス市場の開拓を強化する。(上海支局 真鍋 武)

 エプソン(中国)は、およそ6年前から大容量インクタンク搭載プリンタ(中国名称:墨倉式)の販売に力を注いできた。製品群はセイコーエプソンが10年に発売した戦略モデルで、従来機種と比較して一枚当たりの印刷コストを抑えた点に特徴をもつ。16年7月には、グローバル全体で累計1500万台の販売を達成しており、エプソン(中国)の長谷川学・Printing & Scanning Marketing Product Managerによると、「中国市場は当初苦戦したが、徐々に価値が認められてきた。現在では、年間70~80万台を販売している」という。同社は、発票(中国の領収書)の発行で多用されるSIDMプリンタで、約30年にわたり市場シェア1位を獲得しており、中国国内で高い認知度・ブランド力を有していることも功を奏した。

 IDCの調査によると、16年第3四半期の中国インクジェットプリンタ市場で、エプソン(中国)の売上高シェアは50.8%、出荷台数シェアでは35.2%を記録。大容量モデルではインクタンクを同梱して販売するため、競合製品と比べて単価は高く、「販売台数が増えると、それ以上に売上高シェアが伸びる」(同)という好循環を生んでいる。

「Epson WF-R8593」を紹介する藤井茂夫 Business Support Senior Director(右)と
長谷川学 Printing & Scanning Marketing Product Manager
 大容量インクタンク搭載プリンタの多くはA4機種で、一般消費者や中小規模事業者のユーザーが多いが、同社では今後、A3カラー機の販売にも力を注ぐ。昨年中頃から、インクジェットプリンタにより大容量のインクパックを搭載したモデルとして「Epson WF-R8593」を新たな戦略商材と位置づけ、ビジネス市場の開拓を本格化している。

 このEpson WF-R8593では、一つのインクパックで最大7万5000枚の印刷が可能で、エプソン(中国)ではコピーショップを主要ターゲットに位置づける。中国国内には、気軽に印刷を注文できるコピーショップが大小を含めおよそ25万店舗存在するとみられ、一般企業では、ここにカラー印刷を外注するケースが多い。このことは、中国でカラー機がなかなか普及しない一つの要因になっている。一方、専門店であるコピーショップは印刷量が膨大で、印刷物を売り物としていることから、プリンタに対する機能・品質・サービスへの要求が高い。つまり、1枚当たりの印刷コストを抑えつつ、消耗品交換の手間が省ける大容量インクパック搭載モデルの需要が期待できるわけだ。長谷川・Product Managerは、「7万5000枚の印刷が可能な機種は、レーザー・インクジェットを含めて競合他社にはない」と自信をみせる。

 中国のプリンタ/複合機市場は成長が鈍化しており、ビジネス向けも大きく伸びる傾向にはない。これに対して、エプソン(中国)の藤井茂夫・Business Support Senior Directorは、「市場全体の成長は減速しているが、ビジネス向け市場は当社があまり手をつけられていなかった領域であり、開拓余地は大きい」と説明。「中国のGDP成長率を上回るペースで(プリンタ事業の売上高)を伸ばしていきたい」と意欲を示している。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年02月06日付 vol.1664
セキュリティと人工知能 サイバー攻撃対策の新たなアプローチ

2017年02月06日付 vol.1664 セキュリティと人工知能 サイバー攻撃対策の新たなアプローチ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)