ページの先頭です。

2004/03/08 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2004年03月08日付 Vol.1030 掲載]

NECデザイン デザイングループ3 デザイナー 松本和也
ずっと温めていた──。苦しみと喜びが形になった

  • 取材・文/木村剛士  写真/清水丈司

プロフィール

(まつもと かずや)1975年、石川県生まれ。97年、金沢美術工芸大学卒業。同年、NECデザイン入社。パソコンを中心にモニターディスプレイや周辺機器など、幅広いプロダクトのデザインを担当。02年から携帯電話のデザインにも携わる。NTTドコモのFOMA最新機種「N900i」は5機種目にデザインした携帯電話。
 見た目で勝負できないモデルは売れないのが携帯電話。あの小さな筐体に莫大な機能がつめ込まれているだけに、「デザインを中心に開発できない歯痒さ」を感じている。FOMAの最新機種「N900i」のデザインを手がけたのが松本和也氏。「機能や利便性を損なわせるデザインは最悪。でも、思い描いたデザインを100%プロダクトに反映させたいのがデザイナーの性。相反する要求をどう歩み寄らせるかが、他にはない携帯電話のおもしろさ」制約があってこそ、デザイナーのセンスが光る。


 N900iのデザインの特徴は、固定電話の受話器のようなアークライン。開いた時、液晶側とボタン側の板2枚を横から眺めると、綺麗な楕円線が生まれる。シルバーモデルは、その曲線美と鮮やかな銀色が融合。

 そのイメージは“日本刀”だ。「最後まで悩み通して搾り出すデザインがほとんど。世の中に出ることが辛い時もある」。考え出したデザインへの自信と、「なぜこうしておかなかったのか。こうできなかったのか」という悔しさが、いつも心に潜む。70点。N900iをこう自ら評価した。今回もどこかに悔しさがあったに違いない。だが、「N900iは前からやりたかったデザイン。ずっと温め続けてきた」

 その顔には生みの苦しみを超えたデザイナーとしての楽しみと喜びが滲む。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)