ページの先頭です。

2010/10/14 09:37

インタビュー

[週刊BCN 2010年10月11日付 Vol.1353 掲載]

ネットエージェント 社長 杉浦隆幸
人知れず重要データを保全

  • 取材・文/安藤章司  写真/馬場磨貴

プロフィール

(すぎうら たかゆき)1975年、愛知県岡崎市生まれ。東京理科大学中退。98年、個人事務所ネットエージェントを設立。00年、株式会社化し、代表取締役社長に就任。P2Pソフトウェア「Winny」の暗号解読を行うなど、セキュリティ分野の特殊技術を駆使し、業績を伸ばしている。社員約70人のうち、技術系が半分余りを占める研究開発型の企業である。
 「あっ、これはまずいよね」。ネットエージェント社長の杉浦隆幸は、部下からの報告を受け、手際よく対策を講じる。個人情報や内部文書、著作権絡みといった、無断で露出してはならないデータをいち早く察知するのが杉浦の重要な仕事の一つだからだ。多くは、欠陥のあるアプリケーションソフトやコンピュータウイルスによって不正に個人や企業のパソコンから流出したもの。巨大掲示板群への掲載など、被害が大きくなる前にネットから削除することによって、情報漏えいの被害拡大を食い止める。 


 デジタルフォレンジック(電子証跡調査)と呼ばれる分野で、企業や個人の重要情報の流出を防いだり、すでに漏えいしたデータを一般に広がる前に回収する。杉浦の率いるネットエージェントが関わった情報漏えい事件・事故の数は、これまでざっと400件。国内で明るみに出た案件のおよそ半数に当たる。深刻な情報漏えいをたびたび引き起こしたファイル共有(P2P)ソフトウェア「Winny」の暗号を、2004年、業界に先駆けて解読。P2P系ソフトの対策では、24時間体制で、「常に最先端を走ってきた」と自負している。ここで得た技術は、自社開発の証跡管理アプライアンス製品にも生かす。直近の売上構成比は、自社開発製品の販売とデジタルフォレンジックサービス系がほぼ半々で、厳しい事業環境下でも堅実にビジネスを伸ばす。

 とはいえ、課題もある。せっかくの優れた技術やノウハウも、今はまだ国内にとどまったまま。海外に目を向けると、反社会的組織やテロに対抗する必要に迫られている国が少なくない。現状では、米国やイスラエルなどのライバル企業が国外では優勢だ。証跡管理やデジタルフォレンジックサービスは世界的に需要が大きく、「基礎技術の優位性を生かして進出を加速させたい」と、グローバル化に意欲を示す。(文中敬称略)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)