ページの先頭です。

2010/11/04 09:25

インタビュー

[週刊BCN 2010年11月01日付 Vol.1356 掲載]

ナレッジネットワーク 営業企画部 千葉雅美
“ご縁”を大切にする

  • 取材・文/信澤健太  撮影/馬場磨貴

プロフィール

(ちば まさみ)1979年、兵庫県生まれ。メーカー系人材育成企業で企業内研修の企画、講師を経験。その後、ベンチャー企業の生産管理システムの営業・導入支援業務、組織活性化支援業務に従事。2009年から現職。クライアント企業の製品拡販プロモーションや営業組織の再構築、営業担当者・システムエンジニア育成支援などに取り組んでいる。
 「以前、仕事でつき合いのある方と街なかで偶然出会ったことがある。こういう“ご縁”をすごく大切にしたいと思う」。千葉雅美が日頃心がけていることはいたってシンプルだ。きちんと挨拶し、嘘をつかないこと、素直であることなど、「当たり前のことを確実に実行する」。 


 千葉が籍を置くのは、企業向けセミナーやコンサルティング、コンテンツ開発を手がけるナレッジネットワーク。福岡と東京に拠点を置き、全従業員が9人と小所帯の企業だ。近年、中小企業に新しいビジネスモデルを提案するビジネスプロデューサーの発掘・育成に注力している。運営母体である中小企業情報化支援協議会の事務局長には、同社の森戸裕一社長が就いている。

 千葉は1人で東京オフィスに赴任し、コンサルタントであるビジネスプロデューサーとユーザーの間を取りもつ調整役を務めている。例えば、「中小企業が製品のプロモーションをする際に、そのストーリーづくりで、ビジネスプロデューサーを引き合わせる」。

 大学時代は、IT業界に憧れを抱き、システムエンジニアを希望して新卒採用の面接を受けたが、面接官から指摘されたのは「人材育成に向いている」だった。新卒で入社したのは、メーカー系の大手人材育成企業。企業内研修の企画、講師を経験したが、「営業の現場を知らずに、営業のあり方を論じていいのか」と悩んだ。思い切って退職し、ベンチャー企業で生産管理システムの営業・導入支援業務などに従事した。「かたちのないものを売りたいと思った」。

 「できることが限定されていないところがいい」と現在の仕事の魅力を語る。「若い時の後悔は、やってみての失敗ではなく、やらなくて失敗すること」。千葉のモットーである。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)