ページの先頭です。

2011/09/01 09:26

インタビュー

[週刊BCN 2011年08月29日付 Vol.1396 掲載]

日本マイクロソフト クラウド&ソリューションビジネス統括本部 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長 澤 円
新しいものの魅力を伝えて振り向かせる

  • 取材・文/鍋島蓉子  写真/ミワタダシ

プロフィール

(さわ まどか)1993年、生命保険のIT子会社入社。97年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転じる。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEとしてExchange・SharePointを担当。競合対策専門営業チームマネージャー、クラウドプラットフォーム営業本部本部長を歴任し、11年7月、企業向け製品のショーケース機能を担う「マイクロソフトテクノロジーセンター」のセンター長に就任。
 2006年、日本人で唯一「Chairman's Award」を受賞した。ビル・ゲイツが直々に授与する賞で、マイクロソフト全9万人の従業員のなかで、受賞したのはたったの十数人。この受賞は、澤円を突き動かす原動力となっている。 


 澤は自らを「浮気させ屋」と称している。競合に打ち勝つためのプレゼンや戦略立案により、新製品の魅力を伝えて、他社製品や旧バージョンを利用する顧客を「浮気させる(振り向かせる)」のがミッションだ。過去には「Lotus notes」を活用していた顧客で「Exchange Server」への全面移行に携わるなど、数多くの実績をあげてきた。

 日本マイクロソフトではメッセージインフラを手がける技術者としてキャリアをスタート。顧客に「自分」を評価してもらい、コンサルティングで包括契約に結びつけるスタイルをつくり上げ、プリセールスエンジニア、営業職とキャリアを重ねてきた。肩書きは毎年変わるが、ミッションは不変である。

 風貌は、自他ともに認める「キリスト」。初対面で覚えてもらえるものの、役職が法人営業の本部長クラスであることもあって、「言動、所作、一挙手一投足にエラーは禁物」と自分を律する。

 澤はいずれ「パーセプション・チェンジ(イメージの変容)」したいと考えている。キャリアの延長上ではなく、あらゆる可能性を探りながら、大きなチャレンジをしたいというのだ。会社で適性テストを行ったところ、一番向いている職業が「宗教家」。「インフルエンサー(大きな影響を与える人)」の気質を備える。「どういうかたちでチャレンジできるかわからないが、自分のやりたいことで喜ぶ人が増えればいい」と展望を語っている。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)