ページの先頭です。

2012/03/01 09:28

インタビュー

[週刊BCN 2012年02月27日付 Vol.1421 掲載]

上海優事商務諮詢 総経理 徐超淀
GISを用いた商圏分析でチャンスを掴む

  • 取材・文/安藤章司  写真/大星直輝

プロフィール

徐 超淀(XU CHAODIAN)
1982年、中国・上海市生まれ。02年、上海外国語大学卒業。地理情報システム(GIS)関連の仕事に従事した後、09年、上海優事商務諮詢を設立。日本の技研商事インターナショナルと業務提携している。
 経済の成長が続く中国には、多くのビジネスチャンスがある。徐超淀は今、大きなチャンスを掴もうとしている一人だ。地理情報システム(GIS)会社で勤務しているとき、「GISを使ってもっと大きなビジネスがしたい」と、起業を決意した。「両親からは『IBMとか大きな会社に就職したら?』といわれたが、どうせ仕事をするなら自分の会社でやりたい」と、有志とともに上海優事商務諮詢を2009年に立ち上げた。 


 GISを活用した商圏分析で実績のある日本の技研商事インターナショナルと交渉し、同社の主力商材である「MarketAnalyzer(マーケットアナライザー)」の中国での販売許諾を取りつけた。商圏分析は小売業の出店計画などに欠かせないツールだ。しかし、GISの特性上、地域ごとのデータをどう取り揃えるのかがカギを握る。「商圏分析のノウハウは技研商事に協力してもらうとしても、データは自分で集めなければならない」。徐は脱サラからおよそ3年の期間を費やして、「MarketAnalyzer」を中国語化するとともに、中国の公的機関からその商圏の住民情報の入手にこぎ着けた。

 「最初は自力で人口や年齢構成などのデータを入力していたが、中国は広くてとても追いつかない」。効率的な商圏分析は小売業の出店計画に欠かせず、ひいては商業発展に役立つと役所を説得。「個人情報保護など厳しい条件つきではあるが、データを活用できるようになった」。中国の小売総額は向こう3年、年率およそ15%で成長する見込み。今は上海がメインだが、「北京や広州などの大都市にも進出し、商圏分析ビジネスを伸ばす」ことを目論んで、飛躍のチャンスをうかがっている。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)