ページの先頭です。

2012/03/08 09:26

インタビュー

[週刊BCN 2012年03月05日付 Vol.1422 掲載]

ソニックス 代表取締役社長 吉澤武則
世界を見据えた製品で顧客の悩みを解決する

  • 取材・文/佐相彰彦  写真/大星直輝

プロフィール

吉澤 武則(よしざわ たけのり)
1976年12月28日生まれ。00年、SI系ベンチャーに入社。02年、ソニックス・テクノロジーを創業、代表取締役に就任。06年、アイポイントと合併してイズに社名変更、取締役に就任。08年、キヤノン電子グループのITサービス企業にコンサルタントとして経営参画、グループ子会社の社長に就任。10年、ソニックスの社長として事業運営を再開。
 IT業界に足を踏み入れたのは2000年。「伸びそうな業界と思ったから」だという。世間では、「ITバブル」といわれていた時期だ。SIを手がけるベンチャー企業に入社。実際に業務に携わってみると、いくら伸びそうな業界といっても、向こうから案件が転がり込んでくるほど甘くはない。そのことがモチベーションの向上につながった。入社1年で営業責任者を任され、経営戦略の策定や米シリコンバレーを中心とする海外事業にも携わるようになった。


 2002年、「ベンチャーバブル」が弾けるという逆風が吹くなかで、「もともと経営に興味を抱いていた」という吉澤は、ウェブシステム開発のソニックス・テクノロジーを設立した。ゼロからのスタートだったが、地道に営業活動を続けているうちに、大手企業との成約にこぎ着けた。その後、会社の合併を実現し、自身はビジネスコンサルタントの道を歩む。キヤノン電子グループに経営参画していた時は、グループ子会社の社長も務めた。

 これまでの経験を振り返ると、会社設立を含め、さまざまな企業を渡り歩いて、「市場を踏まえてビジネスに携わっていたというよりは、顧客の悩みを解決することを大前提に、新しい製品を生み出すことに全力投球してきた」と吉澤。その結果が、世界を見据えた製品・サービスを創造することにつながっている。Androidが話題になっていた2010年、休眠状態にしていたソニックス(06年に設立)の事業運営を再開した。Android開発者が抱える問題を解決するため、UIテストの煩雑な点検作業を自動化するクラウドサービス「scirocco(シロッコ)」を提供。今では、世界中で多くの開発者がこのサービスを使っている。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)