ページの先頭です。

2012/08/02 09:32

インタビュー

[週刊BCN 2012年07月30日付 Vol.1442 掲載]

TIS IT基盤サービス第1事業部 プラットフォームサービス推進部主査 内藤 稔
本来のSIとは違うセオリーでサービスビジネスを立ち上げる

  • 取材・文/安藤章司  写真/津島隆雄

プロフィール

内藤 稔(ないとう みのる)
1976年、神奈川県生まれ。99年、学習院大学文学部心理学科卒業。同年、東洋情報システム(現TIS)入社。モバイル向けデータ同期サービス「SynCube(シンキューブ)」の担当などを経て、09年からクラウドサービス基盤「TIS Enterprise Ondemand Service(T.E.O.S.)」事業を担う。
 内藤稔は、ITホールディングスグループTISの戦略クラウドサービス「TIS Enterprise Ondemand Service(T.E.O.S.)」に、サービスの立ち上げ時から参画してきた。アプリケーションソフトのクラウド上での稼働に必要な基盤モジュールを揃えたサービスで、2010年7月に商用化。直近のユーザーシステムの稼働数は300件余りで、昨年度(2012年3月期)は前年度比で3倍ほど伸びた。今期も「前年度と同様の高い伸びを見込む」と、強気な姿勢で臨む。 


 T.E.O.S.に携わる前、内藤はメールやスケジュールなどのデータを携帯電話などと同期させる「SynCube(シンキューブ)」サービス事業に従事していた。だが、スマートフォンの急速な発展とモバイル系ネットサービスのグローバル規模での立ち上がりといった変化に追いつけず、サービスの継続を断念。「このときにネット系サービスの難しさを実感し、競合サービスの動向や価格に敏感に反応するようになった」と、表情に無念さをにじませる。

 「だからT.E.O.S.では常に世界を見ていたし、エコシステムから逸脱しないよう努めてきた」。TISグループが中国で手がけるクラウドサービス「飛翔雲」にT.E.O.S.のノウハウを適用し、本来はライバルであるAmazon Web Services(AWS)とも積極的に連携してきた。SIerのサービスとしては異例の間接販売に取り組み、すでにT.E.O.S.の販売実績の3割近くは同業SIerを含む販売パートナー経由が占めるほどになっている。「SIerである以上、SI(システム構築)が本分ではあるものの、これを支えるサービスビジネスは従来のSIとは違うセオリーでビジネスが動く」とみている。過去の失敗を糧に、サービスビジネスのより一層の拡大を推し進める。(文中敬称略)

■おすすめの記事





外部リンク

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)