ページの先頭です。

2012/10/04 09:27

インタビュー

[週刊BCN 2012年10月01日付 Vol.1450 掲載]

インターブレイン 代表取締役 磯部謙太郎
「24時間365日対応」でクライアントのニーズに応える

  • 取材・文/ゼンフ ミシャ  写真/馬場磨貴

プロフィール

磯部 謙太郎(いそべ けんたろう)
大学卒業後、飲食店などでアルバイト。定職に就こうと、ウェブ広告会社に応募したら、契約社員として採用。以後、数社のウェブ広告事業者でウェブマーケティングの知識を磨く。2007年、勤め先が不安定な経営状況に陥ったため、独立を決断。インターブレインを設立する。
 磯部謙太郎は休まない。企業のウェブマーケティング支援を事業とするインターブレインの社長を務め、クライアントとウェブ制作会社とのつなぎ役を担う磯部は、「土日や祝日も普通に仕事して、深夜にお客様から『今から来られるか』との電話があったら、すぐに先方のところに走る」という。フットワークを軽くし、クライアントのニーズにきめ細かく対応しているのだ。 


 インターブレインの設立は2007年。磯部は、クライアントからウェブサイトの要望や課題を引き出して、先方の収益向上につながる制作コンセプトを考える。そして、サイトの制作自体は外部の事業者に発注するという、まさしく“インターブレイン”を具現化したビジネスモデルだ。同社はこの5年間、化粧品メーカーや動物病院、粗大ゴミ回収事業者など、あらゆる業界にわたって約30社のクライアントを獲得し、成長してきた。

 「大半のお客様は、一度も営業をせず、人脈だけで開拓してきた」。磯部は、インターブレインを立ち上げる前に、ウェブ広告会社での仕事を通じて幅広い人脈を築き、現在も頻繁に業界のパーティーに足を運んで、いろいろな人と面談する。それによって、自社の知名度を高めているのだ。直近では、東京・銀座に店舗を置く老舗の着物専門店のネットショップをつくっており、順調に事業を伸ばしているという。

 「先日、ある航空会社の担当者に、『国内部門は某大手の広告代理店を利用しているが、うちの部門は絶対、いつでも柔軟にあらゆる要望に応えてくれる磯部を使う』と、うれしい言葉をかけられた」。磯部は笑顔でそう語る。一人で会社を運営し、24時間365日で対応しているからこそ、クライアントに信頼されているのだ。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)