ページの先頭です。

2013/12/26 09:21

インタビュー

[週刊BCN 2013年12月23日付 Vol.1511 掲載]

Zabbix Japan 代表 寺島 広大
ラトビア発の監視ソフトの伝道師

  • 取材・文/本多和幸  写真/馬場磨貴

プロフィール

寺島 広大(てらしま こうだい)
 1981年生まれ、兵庫県出身。大学卒業後、SIerに入社。SEとしてシステム構築や運用に携わり、システム運用改善のプロジェクトを通じて、当時は日本語の情報がまったくなかったZabbixを発掘した。2005年に個人で「Zabbix」コミュニティサイトを立ち上げ、2010年には日本語の入門書を執筆。2011年からはラトビアのZabbix本社で日本と海外ユーザーのテクニカルサポートに従事。2012年10月、「Zabbix」の初の支社となる日本法人を設立して代表に就任した。
 オープンソースのシステム監視ソフトウェアとして市場の注目を集める「Zabbix」。開発・提供しているのはラトビアに本社を置くZabbix SIAだ。そして、同社唯一の海外支社が、寺島広大が代表を務めるZabbix Japanである。ソフトは無償だが、サポートやトレーニングなどの各種サービスを有償で網羅的に提供してビジネスを確立。欧米を中心に幅広く支持を得ている。


 寺島は、2000年代半ばから、日本の「Zabbix」コミュニティをほぼ一人でつくってきた。その功績がZabbix創業者・CEOのアレクセイ・ウラジシェフに認められ、2011年、ラトビアのZabbix本社で働くことになる。担当したのは、ユーザーのテクニカルサポートだった。ここでの経験は、寺島に強烈なインパクトを与えた。「欧米のユーザーは、大企業でも保守的ではなく、常に新しいIT技術の導入に意欲的だ」。そうしたユーザーはOSSの使い方もうまく、Zabbix側に積極的に要望を発信するという。結果的に、「Zabbixにとっては機能改善のヒントになるし、ユーザーは求める機能を手軽に手に入れられる」のだ。

 寺島がZabbixに加わったことで、日本語でのサポートが可能になり、日本のユーザーやパートナーも飛躍的に増えた。ただ、日本の企業はなかなか要望をフィードバックしない。自分たちをグローバルのIT市場では特殊な存在だと思っているからだ。寺島は、「それは完全に勘違い。日本企業の細かなニーズは、OSSの機能向上を後押しする大きな力になる。OSSの開発サイクルをうまく活用すれば、ユーザーはITの恩恵をさらに多く受けられるようになるし、SIerなどのパートナーはより強力な商材を手に入れられる」と訴える。OSS活用の伝道師として、日本企業の競争力向上に貢献する。それが目下の寺島の目標だ。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)