ページの先頭です。

2016/02/11 09:26

インタビュー

[週刊BCN 2016年02月08日付 Vol.1615 掲載]

プレスク 雇用環境整備事業担当 森 綾乃
出産の不安はきっと軽くなる

  • 取材・文/安藤章司  写真/馬場磨貴

プロフィール

森 綾乃(もり あやの) 1987年、新潟県生まれ、東京育ち。07年、文京学院短期大学卒業。IT関連会社などを経て09年、プレスク入社。医事会計システム(レセコン)の操作指導や導入支援に従事。13年から雇用環境整備事業を担当。
 出産は二度目となる。一度経験しているとはいえ、出産には何かと不安がつきまとうもの。だが、森綾乃の不安はきっと軽い。産休明けの森を歓迎する職場が待っているからだ。


 一人目を出産し、産休が明けて職場に復帰した森は、社内のワークライフバランス推進役を任された。出産を経験し、育児に追われる森には問題意識があったため、願ってもないチャンスだった。目指したのは、ワークライフバランスを改善し、仕事と子育てが両立できる環境の整備。出産後の不安を払拭できれば、育児のために職場を離れる必要がなくなる。会社にとっても、優秀な人材が育児で離職するという事態を回避できる。

 もちろん、出産や育児に限ったことではない。働きやすい職場は、社員の生産性を上げることにもつながる。「SIerは“人”がすべて。価値あるサービスをつくりだすには、社員のワークライフバランスに配慮して、働きやすい環境を整備する必要がある」。働きやすくなって生産性が上がり、企業も成長する。そして、家庭も円満。

 森の取り組みが評価され、2013年に東京都の「東京ワークライフバランス認定」制度の「育児・介護休業制度充実部門」に選定された。15年にも同制度の「休暇取得促進部門」に選定されるほど、社内全体にワークライフバランスの取り組みが浸透した。

 社内で成果を上げた森は、二人目の出産を控え、さらなる野望を抱いている。「この取り組みを社内だけに終わらせるのではなく、情報サービス業界全体に広げて、活性化に貢献したい」。“人”がすべてなのは、どのSIerも同じ。産休明けの森を情報サービス業界が待っている。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)