ページの先頭です。

2016/12/28 09:19

インタビュー

[週刊BCN 2016年12月19日付 Vol.1658 掲載]

AOSモバイル InCircle ディベロッパーチーム チームリーダー 山本英也
「ものづくり」への思いが原点

  • 取材・文/前田幸慧  写真/馬場磨貴

プロフィール

山本 英也(やまもと ひでや)
 1980年4月、石川県金沢市生まれ。国士舘大学工学部(現:理工学部)建築学科を卒業後、ソフト開発会社などを経て、2014年にAOSテクノロジーズに入社。翌年6月にAOSモバイルへ移籍し、現在に至る。趣味は散歩。

 山本英也は学生時代、図工や美術が好きで、「ものをつくりたい」との思いを抱いていた。なかでも生活に身近な“建築”に興味をもち、高校卒業後は大学の建築学科へ進んだ。一級建築士を目指して勉学に励む。課題提出前には一週間、学校にこもって図面を引いたり模型をつくったり。充実した日々を送っていたものの、徐々に違和感をもつようになる。「つくりたいものがあっても、法律や防災の観点から制約があり、思ったように自由に表現できない。今考えれば当然のことだが、当時はそれがショックだった」。

 一方で、自由に構造体が設計できるCADを使っているうち、次第にコンピュータに興味をもつようになる。教授の手伝いでプログラムに触れる機会もあり、大学卒業後はITによる「ものづくり」の世界に飛び込んだ。

 現在は、AOSモバイルでビジネスチャットアプリ「InCircle」の開発チームリーダーを務める。上司の意見を聞きながら、チームをまとめなければならず、中間管理職的な立場で大変にみられがちだが、当人は自分のペースや主張を決して曲げず、言いたいことは言う。「決してまわりに流されない性格で頼りになる」と、周囲からの信頼はすこぶる厚い。

 この先ももちろん、ものづくりを追求していく。「ものをつくる以上は、より多くの人に使ってもらいたい。自分でつくったものがきちんと動いて、使ってもらった人に喜んでもらえると一番うれしい。InCircleも含め、人の役に立つものをつくり続けていきたい」と力を込める。

 プライベートでは一男一女の父。休みの日には、妻と散歩に出かけたり、子どもたちと遊んだりと、多くの時間を家族とともに過ごす。山本家の仲のよさは、社内でも評判だ。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)