ページの先頭です。

2017/02/22 09:24

インタビュー

[週刊BCN 2017年02月13日付 Vol.1665 掲載]

プライム・ストラテジー 経営企画部 マーケティング課 エバンジェリスト 岡田あすみ
二足のわらじでファンを獲得

  • 取材・文/廣瀬秀平  写真/馬場磨貴

プロフィール

岡田 あすみ(おかだ あすみ)
 1992年、福岡県生まれ。2014年、大学卒業後、大手外食チェーンに入社。16年7月に退職し、グルメ系のフリーライターとして活動。同年11月にプライム・ストラテジーに入社。経営企画部マーケティング課に配属。タレント業を兼務し、食レポを中心にインターネットで番組を配信中。栄養士の資格を所有する。
 1年前の職業は居酒屋の店長。浴衣の袖をたくし上げ、忙しい店を切り盛りしていた。今の職場は東京都心の高層ビル。明け方まで働く日々から打って変わって、難しい専門用語と格闘する日々。環境が大きく変わっても、岡田あすみは、「自社の技術をおもしろく発信して会社に貢献したい」と屈託なく笑う。

 幼い頃から人と話すことが大好きだった。なりたい職業はアナウンサー。テレビをみて「一番、光が当たっている仕事」と憧れた。しかし、目指した道は狭き門。次第に現実の厳しさを知る。

 それでも、へこたれない。「別の方向に進んで輝けばいい」と、興味があった「食」について学べる農業大学への進学を選択。卒業後は専攻の栄養学が生かせる外食産業の世界に入り、広報や店舗運営の業務に携わった。

 退職しフリーライターをしていた時、プライム・ストラテジーに誘われた。職種は「エバンジェリスト」。初めて聞く言葉だったが、「今まで磨いてきたコミュニケーション能力が生かせる」。迷わずIT業界に飛び込んだ。

 勉強会に参加して専門知識を蓄えるほか、ビジネスマンラップトーナメントに出場して喋りの技術を培う。にぎやかな居酒屋と異なり、静かなオフィスでたまったストレスは、マイブームの腹筋で発散する。

 エバンジェリストとして、自社のウェブサイトで月に2本程度のコラムを執筆する。自社製品であるWordPress実行環境KUSANAGI「ユーザーの会」を全国に広げることも目標だ。

 岡田はタレントとしての顔ももつ。芸能活動で欠かせない「人気」と「認知」の両方を生み出す考え方は、エバンジェリストの仕事にも通じると実感する。より多くのファン獲得に向け、二足のわらじで突き進む。(文中敬称略)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)