ページの先頭です。

2017/01/10 09:04

インタビュー

[週刊BCN 2017年01月02日付 Vol.1659 掲載]

自分を成長させてくれた 日立製作所に恩返しをしたい(上)
日立製作所 大みか事業所 上級監督者・工師 木村和弘

 「工師」と書いて「こうし」と読む。日立製作所が設けた技能系職種の最高位だ。名乗れるのは、全社で現在約10人。今回ご登場いただく木村さんはそのうちの一人である。いわば、日立製作所におけるものづくりの最高峰。どうしてもお会いしたい、お話が聞きたい。ようやく思いが叶った初冬のある日、眼前に太平洋が広がる日立製作所大みか事業所に、木村さんを訪ねた。(本紙主幹・奥田喜久男  構成・浅井美江  写真・長谷川博一)

プロフィール

木村 和弘(きむら かずひろ)
 千葉県育ち。1975年、日立製作所入社と同時に日立工業専修学校電気科入学。1978年、大みか工場(現 大みか事業所)・計算制御制作課配属。装置製作グループ生産組長、部品製作グループ作業主任などを経て、2012年、グローバル生産改革グループ主任。同年、日立製作所、技能系職種での最高位「工師」に任用。技能者としての受賞も多く、11年、「現代の名工」(配電盤・制御盤組立・調整工)として、厚生労働大臣表彰。15年には制御盤組立工として黄綬褒章受章している。

2016.11.7/日立製作所 大みか事業所にて

1 大みか事業所の眼前に広がる太平洋。夏は多くの海水浴客でにぎわう
2 技能五輪国際大会では、多くの受賞者を輩出している
3 三段階ある上級専任職章バッジ。左から「工匠」「工師補」「工師」
4 整理整頓された事業所内を案内していただく

心に響く人生の匠たち

 「千人回峰」というタイトルは、比叡山の峰々を千日かけて駆け巡り、悟りを開く天台宗の荒行「千日回峰」から拝借したものです。千人の方々とお会いして、その哲学・行動の深淵に触れたいと願い、この連載を続けています。

 「人ありて我あり」は、私の座右の銘です。人は夢と希望がある限り、前に進むことができると考えています。中学生の頃から私を捕らえて放さないテーマ「人とはなんぞや」を掲げながら「千人回峰」に臨み、千通りの「人とはなんぞや」がみえたとき、「人ありて我あり」の「人」が私のなかでさらに昇華されるのではないか、と考えています。

株式会社BCN 会長 奥田喜久男

<1000分の第175回(上)>

※編注:文中に登場する企業名は敬称を省略しました。

「現場の神様」ともいわれる技能職最高の称号

奥田 さっそくですが、「工師」について教えていただけますか。

木村 日立製作所では通常の職位とは別に、「特称制度」という特例の制度を設けていまして、そのうち技能系職種の最高位にあたるのが「工師」なのです。称号は三段階あって、下から工匠、工師補、そして工師。現在全社で約10人が任用されています。

奥田 10人の分母はどのくらいになりますか。

木村 全社の技能系に携わる技能者は大変多く在籍していますが、その内の有資格者は2000~2500人くらいでしょうか。

奥田 もしかして役員より少ないとか。(笑)

木村 自分で言うのもなんですが、工師は、日立製作所では通称「現場の神様」とも言われています。神様はあまり多くは居ないのでしょう。

奥田 木村さんの衿で光っているのは工師のバッジですか。

木村 そうです。バッジは段階によって色が違うんですよ。工匠がシルバー、工師補がシルバーとゴールド、これ(工師)は全部ゴールドです。

奥田 上を目指したくなりますね。

木村 最初に工匠になってシルバーのバッジをいただいた時もうれしかったですね。日立製作所に認められたのかなという感じで。

奥田 おいくつの時ですか。

木村 工匠になったのは40歳の時です。工師補が47歳、工師になったのが4年前、52歳です。

奥田 工師に選ばれる基準はなんでしょう。

木村 高度な技量をもっているとか、後進の育成や社外での活動を通じて上司や部下、同僚から厚い信望があるなど、定義があるんです。

奥田 木村さんは認められたというわけですね。工師としてのお仕事を教えていただけますか。

木村 大みか事業所は1969年に設立されて以来、電力や交通システムなど、生活を支える社会インフラや鉄鋼・産業プラントの制御システムをつくっています。現在、ここで製造に関わっているのは約390人。私はその上級監督者として、製品を製作する管理技術、製造技術の開発と後輩の指導・育成を担当しています。

奥田 具体的にどのあたりの方になりますか。

木村 現場の責任者を束ねる「組長」の上に、「作業主任」という管理監督者がいるんですが、その作業主任より下の人たち、と思っています。

奥田 細かな指導をされるんですか。

木村 作業主任には助言はしますが、答えは言いません。彼らには彼らの考えや思いがありますから。でも、組長や会社に入って1、2年の若手の人たちにはいろいろ言いますし、できるだけ会話をするようにしています。

奥田 それはどのようにされるのですか。

木村 現場で一人ひとりを見るんです。もちろん全員は見られませんが、できるだけ見ます。いつも見ていると、顔つきが違う時があるんです。

奥田 その時はどうされるんでしょう。

木村 本人に必ず声をかけます。同時に、上長さんにも「ちょっと様子を見てみたら?」と伝えておきます。そうすると、やっぱり体調が悪かったり、家庭的な悩みごとがあったりするケースが多いですね。

奥田 人を見る術が備わっているのですね。

木村 私が作業主任になった時は、後輩が200人くらいいたんですが、1週間で全員と会話しようと決めたのです。その下の組長の時は40人だったので毎日みんなと話せましたが、200人と毎日は無理ですから、1週間と決めて実行していました。だから気づけるのかもしれません。

憧れの「オヤジ」がつくり出す強い組織

奥田 木村さんが仕事で大切にしておられることはなんですか。

木村 二つあります。一つは後輩の技量に合わせて育てることです。

奥田 “技量に合わせる”というところがポイントですか。

木村 大きな夢や高い目標をもつのはいいんです。それは重要なこと。でも、1年後、5年後、10年後はどうなっていたいのか、身近な結果目標をもってもらい、それに対して確実に向かっているかということが大切です。ただ掲げているだけでは達成できませんよね。達成するためにどうすればいいのか、それを考えてもらいます。

奥田 具体的に考えるということですね

木村 先週より今週、先月より今月、というように具体的に考えてもらう。ですが、なかなか思う通りに進まないのが現実です。いろいろ悩むことも出てきます。そんな時はいろんな形で接するようにして、アドバイスできるところはアドバイスしています。

奥田 それでも達成できない人もいますよね。

木村 たとえ目標に対して70%しか到達していなかったとしても、ほめるんです。「70%は成長できたね」と。試行錯誤を繰り返しながら、彼らが成長していると感じた時の喜びはひとしおです。

奥田 もう一つはなんでしょうか。

木村 コミュニケーションを大切にすることです。私が入社した時、日立製作所ではみんなが組長のことを「オヤジ」と呼んでいて、とにかくかっこよかったんです。怖かったけど、面倒見がよくて部下思いで、なんでも率先垂範で。人情味はあるし義理堅いし……。社会人としての常識や礼儀も徹底的に教えてもらいました。

奥田 組長さん全員がそうだったんですか。

木村 全員がかっこよかったですね。私たちの憧れであり、将来の目標としていた人物像でした。

奥田 その気風は続いているんでしょうか。

木村 少し薄れてきているところがあります。だから、組長ってこうあるべきだよね、とみんなに問いかけているんです。私たちが入社した時の組長ってかっこよかったよねと。時折、別の事業所で話をさせていただく機会があるのですが、そういう時にも「組長のこと、オヤジって呼んでましたよね。かっこよかったですよね」という話をしています。

奥田 昔のオヤジを取り戻そうと。

木村 そうですね。そういうオヤジたちに育ててもらったからこそ、私もそうありたいと思うんです。たとえ、親子ほど年齢が離れていたとしても、後輩たちに親近感をもってコミュニケーションを取ることで、活気ある職場が生まれ、強い組織に成長していけると思います。(つづく)

愛読の書と手づくりの作品

 木村さん愛読の書籍が並ぶ。本の前にちょこんとあるのは、木村さんの作品。曰く、「旅行の思い出の一つとして、旅先ではモノづくり体験して、自分の作品をつくって楽しんでいます。出来栄えはともかく愛着があります」とのこと。



■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)