ページの先頭です。

2012/08/09 09:10

インタビュー

[週刊BCN 2012年08月06日付 Vol.1443 掲載]

常に時代の先を読む人――GT INC. 内山光司 クリエィティブ・ディレクター

ビジネス・アーキテクツ 青木 誠 シニアアートディレクター
→GT INC. 内山光司 クリエィティブ・ディレクター

 ウェブサイト制作事業のビジネス・アーキテクツの青木誠シニアアートディレクターと、広告の企画・制作を手がけるGT INC.の内山光司クリエィティブ・ディレクターは、以前、内山氏が大手広告代理店に在籍していたときに、一緒にプロジェクトに携わったことが知り合うきっかけとなった。

 青木氏は「当時はウェブ広告の黎明期で、インターネットの本格普及が始まったばかり。インターネットを広告媒体として活用するにあたって、技術とか、コンテンツの見せ方とか、いろいろなものがまだ確立されていなかった」と振り返る。「そんななかで、内山さんと一緒に『インターネットで何ができるか』を考え、あらゆる情報を集めながら、ウェブ広告の可能性を模索した」という。

 「内山さんは、探求心が旺盛で、瞬間的な判断力がずば抜けている。そして、ウェブに限定しない先進的な試みをわかりやすく形にし、誰もが共感できるエンターテインメントを生み出す人」と青木氏は高く評価している。さらに、「内山さんは時代の先を読む視点をもっている。仕事を通じて私はその影響を受けて、この先どうなるかということを常に意識してビジネスのことを考えるようになった」と述べる。

 両氏は以前、共に湘南地区に住んでおり、撮影などの仕事が終わった後、一緒に車に乗って帰ったことがあったという。青木氏は、「そのとき、湘南のローカルネタなど、仕事を離れた話も多く、いろいろな話題で盛り上がった。内山さんとの車内でのとりとめのない会話は、とても楽しく有意義な時間だった」と笑顔をみせる。(ゼンフ ミシャ)


●内山 光司(うちやま こうし)氏の略歴
1984年、大手広告代理店の電通に入社する。2001年、広告の企画・制作を手がけるワンスカイ社を設立。同社を退職後、06年、広告ビジネスのGT INC.を設立し、07年にグローバル展開するスーツメン・エンターテイメントを立ち上げる。クリエィティブ・ディレクターとして、カンヌ国際広告祭で金賞を3回、銅賞を3回受賞するなど、数多くの賞を獲得している。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)