ページの先頭です。

2012/09/06 09:10

インタビュー

[週刊BCN 2012年09月03日付 Vol.1446 掲載]

成長を支えてくれる戦友――スターフェスティバル 岸田祐介 代表取締役

ビズリーチ 南壮一郎 代表取締役
→スターフェスティバル 岸田祐介 代表取締役

 同じ時期に起業し、互いの弱点を補完し合いながら、それぞれの会社の成長を支え合う──。転職サイトを運営するビズリーチの南壮一郎代表取締役と、名店料理ケータリング検索サイトの運営を手がけるスターフェスティバルの岸田祐介代表取締役は、インターネットサービス会社の若手トップを務める戦友同士だ。両氏は、プロ球団の楽天イーグルスの創業に携わったことをきっかけに知り合った。3年ほど前に自分の会社を立ち上げて、情報を共有したり、相談に乗ったりして、互いにビジネスの成長を支えている。

 南氏は、「岸田さんは、大学生の頃に大阪でカラオケ店を経営するなど、商いに長けた関西の商人。いろいろと苦労の経験を積んでいることもあって、周りへの気配りがとてもすぐれていて、人間味に溢れている。私は長い間、金融の業界で働き、物事をドライに考えるタイプ。だから、ビジネスの人間面に関して、岸田さんから学ぶことがたくさんある」と語る。

 南氏は、岸田氏に「その考え方は違う!」と、友人として叱られることが多いそうだ。「先日、『自分の意見ばかりを主張するのはやめたほうがいい。もっと周りの人の意見を聞きなさい』ときっぱりと言われた。私は社長なので、周囲に叱ってくれる人がいない。だから岸田さんの厳しい叱責をありがたく思って、ビジネスに生かしている」と話す。一方、南氏は「金融マンとして培ったノウハウを活用して、企業の経営戦略について、岸田さんの相談に乗ったり、アドバイスする」という。

 南氏は、「岸田さんは走りながら考える人だ。その泥臭さを自分も身につけたい」と願っている。(ゼンフ ミシャ)


●岸田 祐介(きしだ ゆうすけ)氏の略歴
1977年、兵庫県生まれ。大学在学中に大阪道頓堀でカラオケ店を共同経営する。2002年、インターネットショッピング事業などを手がける楽天に入社。04年、楽天イーグルスの創業メンバーとして、チケット・ファンクラブ事業の現場責任者に就任。08年に楽天を退職し、09年7月、ケータリング検索サイト「ごちクル」を運営するスターフェスティバルを設立。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)