ページの先頭です。

2012/10/04 09:10

インタビュー

[週刊BCN 2012年10月01日付 Vol.1450 掲載]

改革を熱く語る通産省の同期――頓智ドット 谷口昌仁 CEO

東京大学エッジキャピタル 郷治友孝 代表取締役社長
→頓智ドット 谷口昌仁 CEO

 東京大学の技術や人材を活用するベンチャー企業への投資活動を手がける東京大学エッジキャピタル(UTEC)の郷治友孝代表取締役社長と、AR(拡張現実)アプリケーション「セカイカメラ」で有名な頓智ドットの谷口昌仁CEOは、時期を同じくして通商産業省(現 経済産業省)に入省した同期生だ。

 2011年に頓智ドットのCEOに就任し、ビジネスモデルの再編に取り組んでいる谷口氏は、ユニークな経歴をもつ人物である。NTT西日本で営業マンとして優秀な成績を上げ、その後通産省に入って、郷治氏と知り合う。そして、営業マン出身という異色な経歴で入省した通産省を辞め、通信販売事業者の楽天で働いた後、頓智ドットのCEOに就いたという経歴だ。

 郷治氏は、「谷口さんは独特な考え方をする人なので、職場で周りの人の反感を呼ぶこともあるが、そうした逆風の強い環境のなかで、新しい事業を起こすことが好きらしい」と語る。谷口氏は頓智ドットで、セカイカメラに加え、ユーザーが興味を抱く情報を地図上で表示する新サービス「tab」を立ち上げた。しかも、サービスの回収をしっかり考えることによって、AR事業の収益向上を図っている。

 「谷口さんは、聞く側にとって痛いところもずばり直言し、ビジネスモデルの弱点などを指摘してくれるので、ベンチャー支援に携わっている私にとって貴重な友だ」と郷治氏は評する。「先日の通産省の同期会で、谷口さんはいかに頓智ドットを改革していくかについて話した。ARは、おもしろいから広まるのではない。実生活に落とし込んでビジネスにつなげることが大事だ、と情熱を込めて自説を語ってくれた」という。(ゼンフ ミシャ)


●谷口 昌仁(たにぐち まさひと)氏の略歴
1995年、日本電信電話(NTT)に入社し、営業を担当。96年、通商産業省(現経済産業省)に入省。2008年、楽天に入社し、経営企画に携わる。09年、楽天ブックスの運営を手がける楽天パッケージメディア事業の事業長に就任。楽天の執行役員、電子書籍事業の立ち上げを担当するイー・ブック準備室の室長を務める。2011年、頓智ドットのCEOに就任。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)