ページの先頭です。

2009/01/26 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年01月26日付 Vol.1269 掲載]

<人に人脈あり>2.“つなぎ”のエキスパート
インフォテリア 社長/CEO 平野洋一郎氏(富士ソフト 代表取締役副会長 堀田一芙氏を評して)

推薦理由

富士ソフト 代表取締役副会長 堀田一芙氏
「平野さんとは読書の好みが似ているから」と、富士ソフト・堀田一芙氏は推薦理由を語る。両者とも、高橋真澄著の「いつもみたい空」(青菁社)が愛読書だという。ビジネス面では、インフォテリアの技術力を高く評価していることも理由だ。
 インフォテリア社長/CEOの平野洋一郎氏と、富士ソフト副会長の堀田一芙氏は、不思議なつながりを持っている。平野氏は元ロータスの出身。ロータス日本法人が日本IBMのソフトウェア事業部として再スタートを切った2002年から陣頭指揮を執ったのが堀田氏だった。ただ、顔見知りになったのは「競争相手」としてだった。

 平野氏は98年にインフォテリアを設立。堀田氏が日本IBMのソフトウェア事業部長に就任した時期には、データ連携ミドルウェア「Asteria(アステリア)」を発売していた。「XML対応」を武器に、ユーザー企業の獲得に奔走していたが、日本IBMはミドルウェア市場で国内外ともにトップレベル。しかも、業界では有名人だった堀田氏と張り合うわけだ。「『競合だった』というよりも『胸を借りていた』と言ったほうが適切じゃないかな」と、平野氏は振り返る。堀田氏の人物像については、「チャレンジ精神が旺盛だし、元気を与えてくれる」。今では、富士ソフトとSaaS関連でアライアンスを模索する「協業相手」であることも両者のつながりをいっそう密にしている。

 平野氏が起業したのは、「企業の内外ともにシステムをつなぐソフトウェアがない」と考えていたからだ。インフォテリアのコンセプトとして、「XML専業ベンダー」を掲げたが、設立当時は業界全体が「XMLとは?」と首をかしげていた時期。平野氏も、「正直言って、XMLだけで食っていけるかどうかは不安だった」と振り返る。ロータスに辞職願を提出した際、社長の安田誠氏も「XMLは(普及するかどうか)現段階では読めないよ」と語っていたそうだ。だが、安田氏の忠告を受けて「まだXMLで成功した製品が登場していないということ。他社に先駆けて製品を開発すれば絶対に通用する」と、かえって奮起したという。設立から1年後の99年に世界初となる商用XMLエンジン「iPEX」を開発。00年に投入した「Asteria」はユーザー企業数が500社ほどにも達している。

 人脈については、「言葉で表すのは難しいけれど、あえていうなら『信頼』かな」。同社製品がITシステムの「『つなぎ』のエキスパート」を目指しているように、平野氏自身は深く長くつき合っていくことをモットーに人との「つなぎ」に重きを置く。(佐相彰彦)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)