ページの先頭です。

2009/02/16 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年02月16日付 Vol.1272 掲載]

<人に人脈あり>5.情熱を共有できる“年下”の友人
タイムインターメディア 社長 佐藤孝幸氏(シンプレクス・テクノロジー社長 金子英樹氏を評して)

推薦理由

シンプレクス・テクノロジー社長 金子英樹氏
シンプレクス・テクノロジーの金子英樹社長と、佐藤孝幸社長は十年来の友人。「ナンバーワンにこだわり、原理主義で勝ち気な当社から見れば、オープンソースソフト文化の佐藤社長らは異質な存在。だからこそ補完関係が築ける」。
 10年ちょっと前、保険会社に勤める友人から「面白いやつがいるから」と、大学の後輩を紹介された。それがシンプレクス・テクノロジーの金子英樹社長だ。

 当時、佐藤社長は東芝に勤務中の身。ただその頃、二人とも起業を考えていた時期だった。酒の席で意気投合。そこからつき合いが始まった。よく飲んだりゴルフをしたりの仲になる。仕事の話はあまりしなかったものの、「どちらが先に上場するか、競っていた」と振り返る。

 しばらくは個人的な遊び仲間に過ぎなかったが、3年前、先に上場したシンプレクス・テクノロジーから一部出資を受けた。タイムインターメディアには優秀な技術者が多いからだ。ビジネスでのつき合いも生まれ、現在は月に3~4回会っているものの、「仕事の話は15~30分くらいしかしない」と笑う。資本関係が生じたことで、経営や資本戦略などに強い金子社長によく相談に乗ってもらう。その一方で、技術面で足りないところを支援するような補完関係ができている。

 金子社長は佐藤社長にとって、数少ない心を許せる友人の一人だそうだ。その魅力を、佐藤社長はこう語る。「有言実行で、『米国式の合理的な経営哲学』と、『日本の人情哲学』の相反する二面を上手く使い分けていて、友人を大事にする。いろいろな人に紹介したいと思わせる、誇れる経済人だ」。シンプレクス・テクノロジーの役員たちもみな温かみのある人が多く、ビジネスパートナーは幸せになれる、と高く評価する。

 実は年齢では、金子社長と一回りほど離れている“アラカン(アラウンド還暦)”だという佐藤社長。だが金子社長とつき合っていて、ジェネレーション・ギャップをまったく感じたことがなく、むしろ価値観が合っている部分も多いという。

 「『団塊』の世代は、同じ年代で固まっていて、なかには下の世代を『上から目線』で見ている人もいると思う。だが、自分と一回り歳の離れている人たちと話してみると、自分の年代とは違う情熱を共有することができる。金子社長や、リアルコムの谷本社長たちとつき合い、彼らからさまざまな刺激を受けることも多く、感謝している」と顔をほころばす。(鍋島蓉子)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)