ページの先頭です。

2009/03/16 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年03月16日付 Vol.1276 掲載]

<人に人脈あり>9.会った瞬間に「相思相愛」
SAVAWAY社長 川連一豊氏(アルベルト社長 上村崇氏を評して)

推薦理由

アルベルト社長 上村崇氏
ネット通販システムの設計開発で急成長中のSAVAWAY・川連一豊社長とは、投資会社を通じて知り合った。社会貢献や社員のモチベーションを高める取り組みなどの経営姿勢が一致。以来、交流を深めている。
 静岡県浜松市に本社を置き、EC事業支援を手がけるSAVAWAY(サバウェイ)。独自のドメインでネットショップを構築できるASPサービス「マルチドメインカート」などを展開し、現在までに約780社との取引実績をもっている。

 川連一豊社長は昨年秋、「マルチドメインカート」に、購入者の趣味・嗜好に合わせて、他の商品も推薦するエンジン「レコメンドエンジン」の機能を追加するため、さまざまな他社製品を吟味していた。そんななか、知人から紹介を受けて出会ったのが、ALBERT(アルベルト)の上村崇社長だ。「通常は単純に『A』を買ったら同じ商品を買った人の購入履歴から『他の人はBも買っている』といったレコメンドしかしない製品が多い。しかし、ALBERTのエンジンは、ユーザーが過去に閲覧した情報をCookieを利用して総合的に判断し、レコメンドする。消費者のニーズに基づいて商品を推薦する技術を研究開発していた」ことに驚いた。

 会った瞬間から波長がぴったりで相思相愛に。「会う前は、ウェブ関連の業界によくいる、ひげを生やしたようなラフな格好の人物を想像していた」と笑う。だが、目の前に現れた上村社長を見て、「10歳ほど年下だけれどそれを感じさせない。非常に真面目で、頭の切れる営業マンのような人だった」と第一印象を語る。特に上村社長と共通するのは、仕事に対する価値観だ。「ネットショップ、そのシステムを開発する側も、自分のことしか考えないのではなく、ネットショップを利用する消費者も含めて、作り手・売り手・買い手がWin-Win-Winの関係を築けるようになりたいと、上村さんも私も共に考えている」のだという。

 実はSAVAWAYの東京営業所とALBERT本社は、距離にして100メートルくらいしか離れていないご近所さん。ある時、ビジネスモデルについて、夜遅くまでふたりで議論を交わしたこともある。「これから一緒に飲みにいこうかなと考えていたけれど、その日は上村さんが忙しかったようでそのまま別れてしまった」と残念がる。

 川連社長は大のラーメン好き。「東京の当社営業所とALBERT本社の間くらいにお気に入りのラーメン屋があるんですけど、いつかそこにご一緒できたら…」と笑顔を見せた。(鍋島蓉子)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)