ページの先頭です。

2009/06/01 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年06月01日付 Vol.1286 掲載]

<人に人脈あり>18.妙に「うまが合う」
グーグル 社長 辻野晃一郎氏(レコチョク 社長 今野敏博氏を評して)

推薦理由

レコチョク 社長 今野敏博氏
レコチョクの今野敏博社長は音楽分野に携わっているだけに、世界が異なるIT業界で知り合いが少ない。しかし、「辻野さんとは、よく連絡を取り合っている」そうだ。ソニーグループで一緒にビジネスを手がけたのがきっかけだとか。
 好きな曲をインターネットでダウンロードすることや、携帯電話の着信音を歌手の歌声で楽しめる「着うた」など、今は音楽関連のサービスを多くのコンシューマが利用している。グーグル社長の辻野晃一郎氏とレコチョク社長の今野敏博氏は、ネットを通じて音楽をダウンロードする手法がビジネスとなる黎明期に出会った。

 辻野氏がソニーでウォークマンのコネクトカンパニー代表を務め、今野氏がレーベルゲートの社長だった3年ほど前。辻野氏が受けた今野氏に対する第一印象は“異人種”。「世界が全く違う」と感じたそうだ。今野氏はソニー・ミュージック・エンタテインメント出身という音楽分野、辻野氏はソニーでパソコン「バイオ」やHDDレコーダー「コクーン」の新規立ち上げなどIT畑が長いといった経歴の違いからだろう。「話してみても、つかみどころがなかった」と振り返る。

 ただ、「妙にうまが合う」という印象も持っていた。これは、両者が「改革者」だからだ。今野氏と辻野氏ともに「世の中を変えたい」と考えていた。といっても、二人とも野望を抱くような感じでギラギラしているわけでなく、他人に警戒心を与えない人柄だ。性格も似ている。住む世界は違っていたものの、相手を理解でき、志が共有できる。「会っているうちに意気投合した」。今では、よく食事や飲みに行ったり、頻繁に連絡を取る間柄だ。「屋久島に旅行することを約束している」という。本当は昨年に実現する予定だったが、お互い多忙を極めていたので果たせなかった。「来年は必ず行く」と楽しそうだ。

 ソニーグループを通じて出会い、今は、それぞれ別の道を歩んでいる。ただ、志は今でも変わらない。グーグルは常に、「チャレンジ精神でビジネスを進めている」という。その一つが、パソコンだけでなく家電やゲームなどの業界に進出することだ。映像関連サイトの「You Tube」で参入する可能性を秘めている。

 チャレンジという点では、「今野さんとは、協業できれば、一緒にやりたい」。王道を行くウェブサービスプロバイダと、携帯電話の音楽サービスで業界屈指のコンテンツプロバイダがタッグを組んだ場合、どんな新しいサービスが生まれるのか。気になるところだ。(佐相彰彦)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)