ページの先頭です。

2009/06/22 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年06月22日付 Vol.1289 掲載]

<人に人脈あり>21.第1ステージ終了 ~過去20回を振り返って~

第1ステージのエピローグ

 高山由氏(NEC元専務・現BCN最高顧問)の推薦からスタートを切った「人に人脈あり」は、ひとまず第1ステージの幕を閉じさせていただく。

 「舟を漕ぎ出したものの、どこへ向かうかわからない」という面白さこそが、編集部の意図するところだった。その狙いどおりの展開になったと自負している。読者の方々には、“人のつながりの妙”を堪能していただけたと思う。

 第1ステージでは、20人の方々に登場していただいた。メーカー(NEC)から始まった人脈探索は、次第にウェブ関連企業の経営者にシフトし、再びNECと関連の深いインテルに戻ってきたのは興味深い。この欄への登場をきっかけとして、また新たな人脈の輪が形づくられれば幸いだ。(週刊BCN編集部)

 次号からは、「人に人脈あり」の第2ステージが開幕します。どのような人が舞台に登場するか、お楽しみに。

START!

 高山由

 IT業界を一度去り、もう一度復活した堀田さんの意気込みに感服した。

1. 堀田一芙(富士ソフト)

 インフォテリアの技術力を高く評価しているのが推薦理由。

2. 平野洋一郎(インフォテリア)

 牧野正幸氏とは「志が同じ」。

3. 牧野正幸(ワークスアプリケーションズ)

 知人の経営者に金子英樹氏を紹介されたのがきっかけ。

4. 金子英樹(シンプレクス・テクノロジー)

 佐藤孝幸氏とは十年来の友人。お互いに補完関係を築くことができる。

5. 佐藤孝幸(タイムインターメディア)

 「ナレッジマネジメントを普及させたい」という谷本肇氏の熱意に感服。

6. 谷本肇(リアルコム)

 丸山栄樹氏の会社を「日本では稀なビジネスを手がけているベンダー」と評価。

7. 丸山栄樹(バーチャレクス・コンサルティング)

 上村崇氏が、自分と同じアクセンチュア出身だったことから親密に。

8. 上村崇(ALBERT)

 川連一豊氏とは、投資会社を通じて知り合った。

9. 川連一豊(SAVAWAY)

 知人がシーエー・モバイルに転職、その上長が向井克成氏だった。

10. 向井克成(シーエー・モバイル)

 林千晶氏を「気さくな雰囲気ながら、聡明な部分も併せ持つ人」と評価。

11. 林千晶(ロフトワーク)

 創業当時、オフィスをシェアして共に成長してきたのが内古閑宏氏。

12. 内古閑宏(ヴィジョネア)

 井上英昭氏について、「営業の達人」と評価している。

13. 井上英昭(ビートレンド)

 小川浩氏は「インターネットが本当に好きで、知り尽くしている」。

14. 小川浩(モディファイ)

 木寺祥友氏を小川浩氏がライターとして取材したのが縁。

15. 木寺祥友(エル・カミノ・リアル)

 Jストリームが木寺氏の会社に出資したことが白石清氏との出会いに。

16. 白石清(Jストリーム)

 業務上の不具合で謝罪に行った折に、今野敏博氏と出会った。

17. 今野敏博(レコチョク)

 ソニーグループで一緒にビジネスを手がけたのが辻晃一郎氏との縁。

18. 辻野晃一郎(グーグル)

 辻野氏のソニー時代、「VAIO」を立ち上げる際に吉田和正氏と知り合った。

19. 吉田和正(インテル)

 WiMAXでの協業が田中孝司氏との出会いのきっかけ。

20. 田中孝司(UQコミュニケーションズ)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)