ページの先頭です。

2009/07/20 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年07月20日付 Vol.1293 掲載]

<人に人脈あり>25.家族ぐるみのつき合い
リコー専務執行役員 松本正幸氏(大塚商会社長 大塚裕司氏を評して)

推薦理由

大塚商会社長 大塚裕司氏
大塚裕司氏は、松本正幸氏とは「絆が固い」という。「いろいろなことで安心感を与えてくれる」と評価。だから、「“サシ”で飲みに行くことも多い」。酒席では、「松本さんとフラダンスを踊ったのが印象的だった」のだとか。
 今から27年前の1982年に遡る。松本正幸氏がリコーで営業に携わっており、大塚裕司氏が大塚商会の「アルファランド」の店長を務めていた頃の話だ。「創業者の息子さんが最前線で頑張っている」と松本氏は大いに感心した。

 それ以前にも、裕司氏がリコーに勤務していたこともあり、見かけたことがあったが、じっくりと話したことがなかった。ある時、飲み会があり、「1次会が終わり、私から裕司さんに『2次会に行こう』と誘った」そうだ。飲んで話をしているうちに、最前線で働く者同士の心意気が伝わった。「非常に芯が強い」。2代目として社長を継ぐ意志が強かったからといえよう。将来は、大塚商会できっと優れたリーダーシップを発揮するだろうと感じた。その飲み会では「ハワイアンの店だったから、一緒にフラダンスを踊ったこともよく覚えている。あの頃から、裕司さんは音楽のセンスがよかった」と笑う。

 今は社長を務める裕司氏を「知将であり、名将だ」と評する。実際、裕司氏の社長就任から大塚商会は一段と成長したといえよう。しかも、「情が深いからこそ、社員がついてきているのではないか」とみている。

 家族ぐるみのつき合いでもある。裕司氏と松本氏の子息は、大学時代は先輩と後輩の関係だった。そんなことから、裕司氏のことを子息から聞いたこともしばしば。裕司氏は筋の通った良い先輩だったそうだ。今でも時折、家族ぐるみで会ったりする。

 リコーは複写機のメーカー、大塚商会は複写機の販社だが、「事業パートナーの関係と位置づけている」という。なかでも、サポートサービスで、「トータル・ワンストップの仕組みを構築していく」。大塚商会との協業で実現したい考えだ。今、国内プリンタ市場は厳しい状況。両社とも、「顧客目線」を重視してビジネスを手がけている。パートナーシップを一段と深め、顧客ニーズに適した新しいサービスとして、どのようなものが生まれるのか。大いに期待したい。(佐相彰彦)


次回は
 マイクロソフト執行役専務  窪田大介氏

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)