ページの先頭です。

2009/07/27 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年07月27日付 Vol.1294 掲載]

<人に人脈あり>26.苦境に差し伸べられた救いの手
マイクロソフト執行役専務 窪田大介氏(リコー専務執行役員 松本正幸氏を評して)

推薦理由

リコー専務執行役員 松本正幸氏
初めてお酒を飲んだ時、「一晩で、もう十年来の付き合いのように感じられる」と、窪田氏の人懐っこさや情熱にほだされた。「米本社の指示は、窪田さんなりに解釈し、国内パートナーとの互恵関係に尽力してくれた」と感謝している。
 「えっ、リコーの松本(正幸専務)さんが、なぜぼくを指名してくれたんだろう?」──。マイクロソフト執行役専務の窪田大介氏は、当連載「人に人脈あり」の指名を受けてから、しばらく考え込んだ。松本氏との出会いは、窪田氏がコンパックコンピュータの営業部長だった頃、今から10年以上前のことだ。当時のパソコンメーカーからみたリコーは“巨人IBM一色”の販社。全国に販売網を持つリコーと組みたくても、はなから相手にされなかった。日本のコンパックは社員がやっと200人になったところで、IBMの足元にも及ばない。無理もなかった。

 その時、「うちと取り引きしたいんだったら、こうすべきだ」と、アドバイスをくれたのが松本氏だった。窪田氏は真摯に受け止め、改善を重ねた。コンパックのビジネスはその後大きく拡大。しかし、順風満帆かに見えた2000年初め、突如、米ヒューレット・パッカード(HP)による米コンパックの買収が発表される。HPによる事実上の吸収合併であり、窪田氏は、「辞めることになると思います」と、松本氏に挨拶までしていた。リコーにとって、HPはプリンタ事業で正面から競合するライバルだ。

 その窪田氏に転機が訪れた。2002年、当時米HPトップだったカーリー・フィオリーナ氏が日本法人に立ち寄った際、「中学生と双子の小学生のお子さんはどうですか? 家庭と仕事を両立させてください」と、静かに語りかけてくれたのだ。さらに、リコーの松本氏は、窪田氏の熱意と、HPの将来性を見据え“コンパックがHPになっても取引を継続する”という趣旨の文書をリコー社内で出してくれた。窪田氏は、「リコーをはじめ事務機系パートナーを失うと数百億円の損失になる」と、米本社に訴え、辛くも危機を乗り越える。そして、最初の疑問の答え──。窪田氏からエピソードを聞いた松本氏曰く、「子煩悩な窪田さんは、フィオリーナさんの“家庭と仕事を両立させなさい”という語りかけにイチコロだったよ」。いい意味で純粋、ビジネスには実行力があり、裏表がない「窪田さんの魅力に惚れた」のが、“ご指名”の理由だそうだ。(安藤章司)


次回は
 セキュアブレイン 社長兼CEO  成田明彦氏

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)