ページの先頭です。

2009/08/03 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年08月03日付 Vol.1295 掲載]

<人に人脈あり>27.「もみがらの会」で交流つづく
セキュアブレイン社長兼CEO 成田明彦氏(マイクロソフト執行役専務 窪田大介氏を評して)

推薦理由

マイクロソフト執行役専務 窪田大介氏
フォーキャスト(受注予測)がまったくきかない、癖のあるアップルだったが、「成田さんは粘り強く販売店との関係づくりに注力してきた」。誠実そのものだ。だからこそ「もみ“がら”になっても、人と人との関係は続く」と、窪田氏は話す。

 成田明彦氏が窪田(大介・マイクロソフト執行役専務)氏と出会ったのは、今からおよそ20年前。当時、成田氏が営業部長を務めていたアップルコンピュータ(現アップルジャパン)の営業マンとして、窪田氏が入社したのだ。パソコンの販売が右肩上がりで伸びていた時期である。ただ“時代の先端をゆく”アップル製品は、「売れるモデルは爆発的に売れ、売れないとさっぱり売れない」(成田氏)傾向が強かった。

 必然的に、あまり売れないモデルは在庫の山。成田氏は営業部門の長として、売りにくい商品でも販売店に仕入れてもらえるまで、とことん粘った。それを見ていた窪田氏も、難局を乗り切ろうとあれこれ策を考える。例えば、次に入荷する人気製品の仕切り値を下げる代わりに、現行モデルの販売に力を入れて欲しい、といった具合だ。実際には、もっと複雑な仕組みで、米アップル本社と販売店の両方が納得する計算式を練り上げる。これを成田氏に手渡し、最終的には成田氏が販売店の幹部の承諾を取りつける。成田氏は「上司をうまく使うことに関しては天才的」と窪田氏を評価する。窪田氏も「営業ウェポン(武器)として最高の上司」と、タッグを組んで数字を伸ばした。

 成田氏の入社当時、アップルコンピュータの売り上げは100億円そこそこだったが、同氏がシマンテックへ転職する94年頃には1400億円を超えるまで成長。「最大の功労者は販売店やディストリビュータの方々」(成田氏)といい、窪田氏も「切った張ったの商売でも、信頼できるビジネスパートナーをつくることがどれだけ大切なことかを成田さんから学んだ」と話す。キヤノン販売、丸紅、カテナ、ラオックス、亜土電子工業(社名はすべて当時)──。今でもパートナー幹部の人たちと「もみがらの会」という名称の会合で交流している。現役時代のディーラー会「もみの会」の名を引き継いだものだ。アップルビジネスを卒業したという意味で「がら」がつけ加えられたが、年に数回、十数人が集まる。同会“永久幹事”の窪田氏は、「商売の脂っ気が抜けたあとでも関係が変わらないのは、成田さんの人柄によるところが大きい」と断言する。(安藤章司)


次回は
 Lunascape CEO  近藤秀和氏

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)