ページの先頭です。

2009/08/24 11:00

インタビュー

[週刊BCN 2009年08月24日付 Vol.1297 掲載]

<人に人脈あり>29.同世代で交流深める
ゆめみ 代表取締役 深田浩嗣氏(Lunascape CEO 近藤秀和氏を評して)

推薦理由

Lunascape CEO 近藤秀和氏
Lunascapeの近藤氏とゆめみの深田氏は、気の合う経営者が集まる「ミートの会などで、顔見知りだった」(近藤氏)。「同世代ならではの悩みや課題について相談に乗ってくれる相手」だという。
 インターネットブラウザ開発のLunascape CEOの近藤秀和氏とは、出資してもらっている共通の投資家を通じて知り合った。それ以前にも、若い世代の経営者の交流会などで顔を合わす機会があり、「いつの間にか親しく会話する間柄になった」(ゆめみ代表取締役の深田浩嗣氏)という。ゆめみは携帯電話などモバイル機器向けのコンテンツ配信やシステム開発を手がけている。ブラウザ開発のLunascapeとは、ビジネス的にはこれまでほとんど接点がない。それだけに、かえって話しやすい間柄になれたともいえる。深田氏は1976年生まれ、近藤氏は77年生まれで同世代。ここ5~6年、家族のあり方や、漠然とした業界の行方、ガールフレンドのことなど、「同世代に共通する悩み」(深田氏)が話題になる。

 過去を振り返れば、二人ともガールフレンドに出会ったり、別れたり、よりを戻したりと、さまざまなドラマを演じてきた。社長業は忙しく、ましてや両社ともベンチャー企業で成長に向けた激しい競争にさらされている。だが、プライベートの面もおろそかにしたくない。プライベートについては、深田氏が昨年10月に入籍を済ませ、近藤氏も今秋に式を挙げる予定だ。意図的にタイミングを合わせたわけではない。「偶然とはいえ、同じ時期に、同じような境遇にあるのが深田さん」(Lunascapeの近藤氏)なのだ。ビジネス面では、日本のIT産業の将来に危機感を抱くという点では共通するものがある。

 この危機感が、両氏が日本発のITビジネスを世界に広めようとする動機づけになっている。例えば“ガラパゴス現象”だといわれて久しい日本の携帯電話。だが、深田氏は、「だからこそ、世界への進出チャンスがある」と、日本で独自に発達したモバイル向けアプリケーションやサービスの将来性に強い期待感を抱いている。

 家族ができたら…と、以前、二人で話したことがある。ゆめみの経営の手助けをしてくれているフィードパス社長の津幡(靖久)氏は両氏の共通の先輩。「お互いに妻を連れて訪問しよう」と、家族ぐるみのつき合いにしていきたいと願っている。(安藤章司)

次回は フィードパス社長  津幡靖久氏

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)